認知考古学の良書
18ページにもあるように、
本書は考古学のデータを援用して心の進化を考察するというよりは、
心理学での様々な議論(フォーダー、
カミロフ=スミス、
スペルベルなど)を援用しつつ考古学的データを整理・統合しようという著作である。
最も重要な概念は、
おそらく認知的流動性(cognitive fluidity)というものであろう。
ネアンデルタール人は現代の我々にさえ困難なほど優れた石器加工技術を持ち(ルヴァロワ技法など、
160)、
厳しい環境で生き残るために動植物について豊富な知識を持ち(170)、
社会的知能もある程度は持ち合わせていた(177)。
ではどうして、
彼らと我々ホモ・サピエンスの文化の間には大きな隔たりがあるのか。
ミズンによれば、
この隔たりを説明するのがこれら三つの能力の間に認知的流動性が見られるか否かであるというのだ(9章)。
例えば、
動物に関する知識と技術に関する知識を流動的に結合させる事で、
ある種の動物に特化した道具が作成できる(235ページの図などを参照されたい)。
ホモ・サピエンスは各領域間の知識を流動させる事が可能となり、
それゆえ彼らの文化は大きく発展したのであり、
5万年ほど前に見られる文化のビッグバンはこの認知的流動性によって説明する事ができるというのである。


既に10年以上前の著作であり、
現在ではミズンが想定していたような文化のビッグバン自体にも疑念が向けられつつある(すなわち、
実は文化の進化がもっと連続的ものであったかもしれないという指摘がなされつつある)ようだ。
しかし、
広範な資料調査もさることながら、
認知的流動性というアイデアも含めて現在の目から見ても十分興味深い考察が数多く見られ、
本書が心や文化の進化の考察にとって重要な著作であることに変わりはないだろう。
心の先史時代

その他の感想

フランス漫画展に出典拒否された作品が掲載されております
大きなしっぽが良いです
製品はまったく問題ないが
ファインダーとしては文句なし・・・
故障しやすいうえに修理不可
助かった〜
ひもがねじれて・・・
値段なり?の商品・・・?
非常にコストパフォーマンスが低い
医者が読んでも読み応えあり
電工に必須です
踊り出します!
手軽で可愛い音がします
格好いいですよ。
大大大大大将軍はもっとかっこいいはず!
受け入れる、流されてみる、そして、たそがれる
シンプルで上品
素材は【高級】のようですが。
なくなったロッカーのカギはどこに?
素人に有難い「奥の細道」
とってもGOODです。
美麗な写真と分かりやすい解説のおかげで、なかなか面白い本に。格好良い仏像がたくさん拝める一冊。明王や天部、最高! (・∀・)イイネ!!
確かに本質的な「お守り」になる電子手帳
基本動作のエクササイズがしっかりしてる。
参考になる情報がたくさん
キーンさんへの最良の近道。
満足度は最高!!
典型的 完全に金返せ商品
快適!!
コンパクトながら、確かな発電能力
戻る