ただの料理エッセイじゃない
前作『英国一家、
日本を食べる』のおもしろさって、
「”ガイジン”に日本をベタ褒めされる心地よさ」なんじゃないか、
他国(フランス)の話となるとつまらないんじゃないか―と、
読む前は不安だったのですが、
杞憂でした。
一気に読了。
いやー面白かった。


著者がパリの名門料理校コルドンブルー、
それからあのロブション「ラトリエ」で料理修業をした1年間の日々が綴られています(前作でもちょっと触れられていましたね)。
初めは斜にかまえていた著者が、
教官シェフにしごかれ、
ライバルと切磋琢磨するなかで、
何かのスイッチが入り、
「料理の鬼」と化していく話です。
この成長(?)過程がリアルに共感できてすごくいい。
のめり込みすぎて奥さんに「最近ちょっと自分を見失ってない?」とたしなめられると、
つい我を忘れて「わからないかい? これは僕の人生で一番大切なことなんだ!」と泣き崩れる著者。
私は料理は素人ですが、
何かに夢中になる時ってほんと、
こういう心境だなー、
と共感しまくりでした。


前作のファンの方、
フランスや料理に興味がある方にはもちろんですが、
何かに夢中になることの楽しさを感じたい人にお勧めします。
前作とは独立した読み物なので、
この本だけ読んでも全然OKです。
日本との深い関わりや本書の後日談も、
あとがき「日本の読者のみなさんへ」に書かれています。
こちらも秀逸。


あと、
料理をめぐる通説を、
随所でくつがえしてくれるのもいいです。
えっローリエって入れる意味なかったの?オリーブオイルって巷で言われるほどヘルシーじゃないの?ロブションほどの名店でも手抜き料理はあるの? などなど・・・。
英国一家、フランスを食べる

その他の感想

一度も使用してません
立ち読み出来たら買わなかったなあ
おしい!→がっかり
訳者のあとがきがよい
半年くらいの寿命だ!!
一回使うとやめられない
バスケットボールに最適。
ロック好きにも、パンク好きにも、ジャズ好きにも、ヒップホップ好きにも、すべてに人にお奨めできるアルバムです。
iPhone 5sと利用
本物が一番
汚れが…
Amazonページ上に成分表が記載されていないのが気になります / コカミドDEAについて
タイツはアツギ
お絵かき好きな娘に
国産材の問題点を突いた一冊
妊娠の
超かるい!
microusb端子が小さい
使用後数ヶ月で使用できない可能性がありますの表示が。。。
風力が弱い・そんなに静かでもない
設定は思ったより簡単。
生地感
微笑んでいたばら
的確なアドバイス
サイズぴったし!
もっと評価されるべき
長所と短所
GOSICKアニメ化 に伴い、謎を補完するエピソードを書き足した短編集
非常によい造形です。そしてすごく大きい・・・鶫の原作とアニメのかわいらしさを十分再現しています。
かけがえの無い一枚に
戻る