イチ押しはこの第4巻
私もラヴクラフトの小説は大好きなのですが、
一番にお薦めしたいのはこの第4巻ですね。
 初期、
中期の傑作、
そして彼の最大の長編にして、
怪奇科学ロマンとしての到達点“狂気の山脈にて”も収められており、
加えて彼の作家としての資質をよく伝える“怪奇小説の執筆について”というエッセイまで付いていて、
短編集として満足のいく内容になっています。
 それにしても掲載されているラヴクラフトの写真―どれを見ても“帝都物語”の嶋田久作さんそっくりー。
 

なんといっても読んでいただきたいのが中篇 “宇宙からの色”−高校生のころ、
何気に読み始めて止まらなくなり、
一気に読了してしまったことを今でもよく覚えています。
 あのクライマックスのただならぬ盛り上がり方は良質のスリラー映画を見ているときに得られる快感によく似ています。
 今こうして読み直してみると、
どれもこれも非常にオーソドックスな作劇法ながら、
読者の心を捉えて話さない彼の話芸に感心してしまいます。
 “冷気”や“ピックマンのモデル”といった短篇を読んでいただけばわかると思うのですが、
いずれもじわじわと恐怖を盛り上げて、
驚愕の結末へ(ユーモア小説で言えばオチーへ)もっていくという構成においては一貫しています。
 スタイルがシンプルな場合、
語られている内容、
そして語り口の巧拙がはっきり出てくるものです。
 そして文章は非常に硬質で会話が少なく、
科学や民俗学的な記述も適度に盛り込まれており、
独特の高級感さえ漂っています。
 やはり20世紀怪奇小説の古典として読み継がれて行く作家だと思います。
 
ラヴクラフト全集 (4) (創元推理文庫 (523‐4))

その他の感想

ラムチョップww
アニマスのコミカライズということで
特典がショボすぎないか?
一言で言って便利です。
事実を下敷きにしたストーリー。読後感の爽やかな小説。
イナホ編とケータ編の絡みが絶妙
1つのエピソードが2分半ほどなので集中しやすいし、内容も興味深い。
繋がらなくなる
すっきりだけどふかふか
素直な気持ちで読めました
易しく読める
パッキンが入っていなかった。
足乗せマットにしています
かわいい色使いで、気に入っています。
調理し易いがコーンが微妙・・・
スマホに
初学者に優しく、あとがきが秀逸。
大型インコ、オウム好きな方
優れた浄水力だがポットの構造に改良の余地あり
車載スマホ高速充電器と併用可能な製品
無理な人には、やっぱり無理です・・・
ビジネスで赴任・出張される方におすすめ
参考にしてます
2枚買いました
スウィングするビッグバンドの魅力!!
読み返せる一冊
小さくて丁度いいサイズでした!
子ども会の「しおり」づくりに
腹減ってきた
アダプター取付工具は付属されています。
戻る