各国のレコードを聞きまくりで紹介!意外な国のプレスが結構、面白いみたいです…
他のレビューアの指摘通り、
確かに感想文ですが、
ビートルズに限らず、
レコード(CDもそうでしょうが…)は聞いてみないと分かりませんし、
聞くきっかけは誰かのレビュー(これも感想文ですよね?)でしょうからこの本は出版した価値はあると個人的には思います。
この本の続編も当然、
出すそうなので期待しています。

この本の目的は著者が言っていますが、
音質が良い悪いというより、
ビートルズの同じLPとシングルが各国でどうして微妙に違うのか、
その謎を聞きながら探るツアーの道中記のようです。

本編では‘61〜’66年までのLP(モノ、
ステレオ)とシングルを紹介。
英米以外のレコードも紹介しており、
ドイツ盤とニュージーランド盤にお勧めのアルバムがあるようです。
同じヨーロッパでもフランス盤があまり評価されていないのが意外でした…
当然、
国内盤も紹介しています。
外国では日本盤は雑音が少ないとかで人気があると書かれていますが、
UK盤を聞くと物足りないのですが、
モノLPの再発売盤に国内盤ラウドカットと呼べそうなアルバムのあるようです。
聞きなおそうかと思っています。

 米国盤は音が英国盤に比べてあまり音が良くないと言われていますが、
同じアルバムでもプレス工場が4つあるとかで結構、
音にばらつきがあるようです。

 シングルでは米国盤がCapitolで落ち着くまでの間に出された‘PLEASE PLEASE ME’のLP収録曲や “”She Loves You”などの初期の曲のシングル盤などもSwanやVJ盤で紹介しています。

レコードはレーベルの写真付きだし、
音の新旧を判断するマトリックスも写真で紹介したりしていて、
コレクターやレコードマニアもなかなか楽しめます。
アナログ・ミステリー・ツアー世界のビートルズ1962-1966

その他の感想

WIndows10で変わったことろを知りたい人向け
少し、進展したのかな?
ペルソナシリーズのファンなので買ってみました
まだ大きいみたい、ら
タッチ+Office付で、コストパフォーマンスは高そうです。
上についてるタコの野郎
Java6での実践向け
初めてのプロジェクター。
お弁当用かな
プレーヤー環境がある方は是非!
程よい大きさでいいです。
表紙裏ワロタ
巻き感に驚いた
週刊文春に掲載中のエッセーの中から。
最新のGoproには最適なお伴ですが、
一言一言が、原理原則
値段なりの作りだけど、遠目には誤魔化せるかな
映画化するなら山崎努で!
ももクロの魅力満載
フォークがとても良いです
「ビッグデータ」の今をビジネス事例から解説した入門書
人生、変わります(たぶん)!!
江戸期の女性観と女性の地位の変遷.
操作が簡単で、時計本体も軽く、非常に満足です!
浜辺美波さん、可愛かったです。
うちでは猫に使用しています。
bops
靴底がすぐにはがれ穴が開く。
今日から俺もキュアビート!!
ちゃちな作りだが性能は文句無し
戻る