マグダラは遠すぎて・・・
巻末に有坂先生が「原作とは少し違う、
コミックならではの展開を」
と書かれています。
私は原作を読んでいないので、
どう違うのか
分からないんですが、
支倉先生が、
そして有坂先生が描こうと
されているところが少し分かったような気がしています。


(少しネタバレがあります。

クースラはダマスカス鋼の製法を知ろうと鍛冶屋組合の女主人
イリーネ(表紙絵右)に会いに行きます。

より素晴らしい鋼を作るために多くの職人を結集させること。

それがイリーネのマグダラだと言い当てたクースラの前で
イリーネは涙をこらえることができませんでした。


後半は厳しい気候の山岳地で暮らす流浪の民が出てきます。

流浪の民には黄金の羊伝説があります。
しかし、
騎士団は
流浪の民が金脈を見つけたのではないかと疑います。

そこにフェネシス(表紙絵左)とともに訪れたクースラ。

調べても質素な生活しかありません。
流浪の民の長は
遠い目をして、
こう言います。


「丘を越えた向こうには金色に輝く羊がいるかもしれないと
思ってこそ越せる冬もあろうというものです」

金色の羊の丘。
これが流浪の民にとってのマグダラなんですね。


あと、
カバーには「サービスシーンがあるみたいです」とあります。

はい、
ありますw

もう1つ、
フェネシスの手柄にクースラは「欲しいものを考えて
おけ」と言います。
それを聞いたフェネシスが「本当に望んでも
いいのですか?」と、
もじもじしたのは、
どういうことなのか?
早く4巻が読みたいです。
   ☆5つで!
マグダラで眠れ (3) (カドカワコミックス・エース)

その他の感想

原研哉氏の軌跡とビジョン
かゆいところに手が届き、目からうろこが落ちる
「悪口」もここまでくると芸術品
ブラウンと
ひじょうに.カワウィです。
タオル掛けですが…
小説
発炎筒よりは暗いものの…
LINUX初心者の私にはちょうど良かった
この年末の忙しい時に 足を運ばず あれもこれも届いて 嬉しいです(*^^*)
人未来際、未来永劫。
見た目がオシャレで履きやすい。らしい。
がっかり。。。
シックシグマの入門書に最適
美味しい
安藤忠雄の思想・創造の源泉。お勧め
ピタッときました!
やさしさと慈しみと・・・忍耐(笑)
梶原一騎テイスト溢れるニンジャファイト
軟らかなタッチ。ややウェットな出音。そして寿命は?
チョコレート自体はおいしかったが対応が悪い
特典が良いから買うだろうというのが見え見え
安いが、ぜんぜんよい。
マリメッコ好きなら即購入すべき
ほんとに定量??
現物は結構地味
ハンディな神話・古代入門書
金属のマグカップを台にすると把手も付いて使い勝手アップ
なにより値段が素晴らしい
待ちこがれたCD化!
戻る