デビュー第二作…パターンは前作とあまり変わらない
デビュー第二作。
日本政府の対テロ・シミュレーション小説。
朝鮮と中国の精鋭により構成されたテロ軍と自衛隊の息詰まる攻防が描かれる。


現在の世界情勢を見る限り、
日本国内でのテロ攻撃は十二分に起こり得る事かも知れない。
日本政府はテロ攻撃に対して、
如何なる対処をするのか…

日本政府の対応スピード、
決断能力など、
危惧すべき課題を提示している点は良いが、
やけに説明的であり、
ストーリーの本筋とのバランスが悪いように感じた。
結末も残念で、
パターンは前作とあまり変わらない。
ゼロの迎撃 (「このミス」大賞シリーズ)

その他の感想

弱ペダブームを印象づけた雑誌
エアバギーココも取付可能
「生のチカラ」がよくわかる。
防災のためにも期待
サービス精神に欠ける
思い切って
まったく使い物になりませんでした。
極性表示が無い
痛板用に使用しています
子供が気に入っています。
難しい…でも、クセになる!
まずは、これから、チャレンジするのがいいでしょう。
これからに時期活躍しそうです
もう十分な品質です
接着剤なしでも大丈夫でした
初圧力IHに大満足です
なかなかに良い
2人の憧れたもの
かなり役に立っています
方向は良し。
軽快で元気になれます
専門職の方に
変わらない匠の一冊
シリアル番号は製品側面
煮すぎない事がポイント
4セット購入しています。
教えてもらいました
Capistranoの導入方法が詳しく載っています
amazonで再会
地形図学習には一番
戻る