学芸員さんて、優雅なお仕事ではなく体力勝負だなんて知らなかった。
美術館に行きたくなりました。

感情が鈍いのか、
絵やオブジェを見たりしても「こんなの描ける・創れるなんて凄いなぁ」くらいにしか思わないので、
なかなか美術館に足が向かないのですが、
最後のエピローグで「美術館を楽しもうとしなくてもいい。
楽しまなきゃと緊張するから、
知りたい作品があったら解説を貰ったり歴史的社会的つながりが分かれば面白くなる(省略してます)」と書いてあり、
1つでいいから興味が持てる作品を探しに行こうかなと思いました。
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

その他の感想

ちおちゃんと好きなゲームがかぶって嬉しい
アロマを気軽に始めてみたい方に
シンプルで機能的です!
シュールさと物語性+死生観
こちらもいい香り
これは凄いですね
水本提督もルーキー卒業か
間違いなく本物でした。
買って良かった…かな?
冷えない・蒸れない・かさばらない!
省スペースで、ひとり暮らしに最適
しっかり足首を固定できます
使い道を間違えない様に
感動するほどペアリングか簡単
デザイン、履き心地は良好なのですが…
写真は古いパッケージ?
色が失敗だったかも
前書との違いはどこ?初版ではなくて改訂版では?
極々一部の大学では有用なレベルだが内容は超よい
発売前にレビューなの?
サイズがぴったりです!
数少ない実践本
アルコールストーブで湯沸かし
映像は綺麗
このくらいの大きさで十分です!! 掃除もラクラク!!
最高としか言いようがないです
もう少し軽かったらね
ハートが日本でブレイクした作品
脂だらけ
湿度に関する啓蒙書として。
戻る