「大人の事情」優先で凋落したフジテレビ
フジテレビを退社した著者が、
昨年以降のテレビのトレンドをテレビマンの視点で書いている。
とはいえ、
話題の中心は自身の古巣でもあり、
一人負け状態が続くフジ。
汗も知恵もかかず丸投げしたり過去を模倣したりする局員、
番組を守ってくれない上層部、
視聴者より「大人の事情」や採算が優先する番組作り、
デキる社員が残れない組織など、
業界トップである間に大企業病に蝕まれたフジの姿を、
元局員だからこそ分かる内在的論理で読み解いている。


本書は視聴者より自社の都合を優先するフジテレビの体質に厳しい。
問題は起こしたくない、
金は掛けたくない、
でも視聴率は取りたい。
だから、
人気タレントを集めたスタジオトークや少人数の街ロケ、
あるいは過去の番組の縮小リバイバルに限られてしまう。
フジ前の韓流デモについても、
全盛期のフジなら、
例えばエガちゃんをデモの中にダイブさせて、
怒りを笑いに変えてしまう発想があったはずだ。
しかし、
ライブドア騒動も自社で報道できない、
森元さんが激昂するおいしい画も「日枝会長の友達だから」放送できない、
自社制作の映画宣伝をゴリ押しする……など「大人の事情」があまりに多い。
制作サイドのやる気も落ちるだろう。
ちなみに近年、
視聴率争いで日テレと競うテレ朝に対しては「フジ同様に、
番組編成やタレントの力に拠る所が大きく、
数年後には総合制作力に勝る日テレに負ける」と評価している。
同様に企画力の高さでテレ東も絶賛している。


アナウンスの技量や日中の番組編成を論じる後半も面白い。
みのもんたと小倉智昭は「神業」だという。
18秒半の原稿をきっちり18秒半で読む、
高齢者でも心地よい日本語を話す。
仕切りもでき、
アクの強さもある。
メーン視聴者の中高年に受けるので、
午後の情報番組は司会者も50,60歳代の方がいい、
とも著者は言う。
確かに草野さんとか、
長寿番組にはおじさんが多い。
「見たいテレビ」が今日もない メディアの王様・崩壊の現場 (双葉新書)

その他の感想

値段相応の内容ですが、目新しい内容はないです
自動車好きには発売が待ち遠しい雑誌です
らぅ
画面の美しさはさすが、ほぼ印刷物レベル。ライト点灯時の色味がより目に優しい色味に。
九州島。
ソファで使っています。
いつかまた旅先で読みたい本
大人なGRAPEVINE
6時間履いてみました。
ケーブルが硬いので不便
ウチの老フォーンの4S限定かもしれないが…
すげえ・・・、自分も買おうって事で(長文です)
お奨め品にまどわされないこと
西洋カミソリに慣れてない人向け
美味しかったです★
4面フルカバー
スリムでシンプル
妊娠中の浮腫み対策用に購入。
おうちの活用の仕方、いろいろ。
最低。カビが生えていた。
アマゾンでのDLが12時間以上かかったうえに失敗したので
”広く浅い”内容で、新規性はほとんどない。期待は失望に
おそらくシリーズの中で平易なほうです
偽InfinityWardは、MW2(つまり旧作)を超えられなかった。というコトで。
カワイイけど、サイズ小さめ。
最新作であり、最低作。
期待以上に使える!
坂本真綾ファン必見
切なさが後を引く曲
申し訳ないが
戻る