余韻を残すラストシーン
独特な雰囲気を身にまとう女と、
彼女に魅了された3人の男たちの繰り広げる物語です。

ジェットコースターのように展開する垣根さんの他の作品とはかなり毛色が違い、
静かに心に染み入るように話は展開していきます。

そしてラストシーンでは全てを書ききることなく筆を置いていますが、
不思議な余韻を感じさせるものでした。

好みの別れるストーリーだと思うのですが、
個人的に満足の行く読後感を味わいました。
月は怒らない (集英社文庫)

その他の感想

意外に涼しいです
AIX の論理分割の総論
そうなんです
風が吹いたら桶屋がピタゴラ
ちょっと幅がきつかった
個人的にお勧めです
ベルキンのキーボードケースと併用
ちょっと暑いです
多ボタンマウスならこれが現状のベター
散歩用
日本の美を再発見させてくれる名著。訳・解説も秀逸。
miniUSB→USB Aでもスマホ充電OK
しかし2014年現在は、人間のソーシャル化のほうが先決だ
初学者に優しく、あとがきが秀逸。
この価格で購入できてよかったです
製造日はバーコード上の数字では無い
さすがに違う
まあまあかな・・・
傷の手当に自信を持って
もう買わないかな
かっこいいし便利!
なぜ、こんなにも貴重な書籍がひっそりと発売されたのか
フローリング塗装工事の現場での使用感です
”シリーズ1&2編のまとめ”な感じ
品質管理や設計をもう少し頑張ってほしい
登場キャラが映える
カバーです
画像診断用の薬がよくわかる本
更に好感
これ一冊で。
戻る