「これが世界の〇軍力」シリーズ中、最も自衛隊に厳しい本。でもシリーズ中、最も楽しめる本。 (・∀・)イイネ!!
感想に入る前にどうしても気になったことがひとつあります。

この本、
少し前まではアマゾンでの発売日が2015年1月となっていたような・・・
だけど本自体は随分前から売っていましたね。
実際、
本の奥付には「2014年11月9日
発売」となっています。
そして今はアマゾンの発売日も2014年10月になっています。

・・・単なる勘違い?それとも再販?うーん、
謎ですぅ。


さて本書は、
レビュータイトルにも書いた通り、
「これが世界の〜」の陸軍編です。
中身の作りも
兄弟版である海軍編、
空軍編と基本的に同じで、
謎の戦闘力グラフも相変わらずでした。

ですが、
結論から先に言うと、
本書はこのシリーズの中ではいっちゃん面白かったです。
 (^Д^)

陸軍は海軍や空軍に比べて地味な存在ですが、
敵の中枢を制圧して戦いを終わらせるという
最も重要な役目を持っていますし、
その国の民族性が垣間見えるので個人的には三軍の中で
いっちゃん大好きな軍隊です’ (≧_≦*)

本書の良かった点、
不満点を挙げると・・・

   ☆カバー付きの単行本なので保存向き
   ☆著者は万物図鑑シリーズの自衛隊編を書いた竹内修氏
   ☆その竹内氏による陸自への厳しい評価
   ☆海・空軍編と同じ作りなのに、
どう考えても今回は面白い(陸軍編だから?前著は著者が違うから?)
   ★紹介国が161ヶ国なので、
一ヶ国当たりのページがどうしても少ない。
これだけ面白かったのだから
    倍の値段にして倍のページにしても良かったのにぃ。
 。゚(゚’Д`゚)゚。

とくに上記に挙げた陸自の評価は正鵠を得ていると思います。
それを端的に表しているのが、
この
シリーズお馴染みの「はみだしコラム(よくページの外柱に付いてるアレ)」。
他の国ではいかにも
陸軍的なエピソードが紹介されていますが、
我らが陸自は・・・

「陸上自衛隊は災害派遣要請を受けて、
トドを12・7mm機関銃で駆除したことがある」
全161か国 これが世界の陸軍力だ! (万物図鑑シリーズ)

その他の感想

蓋が完全に分解できず、雑菌の繁殖が心配
二度と買わないかも
お忙しい方にプロ500
「7回読み」と整合してますか?
クリア後にやり込みたい方へ。
据え置きでも携帯でもないゲーム機
参考になるかどうか分かりませんが
ナイスなジャーに出会えました
もっと早く知ればよかった
音もよく、大変参考になります
当たり外れがあるようです
自分がチームにできること。チームが自分に与えてくれること。
TRDミニステッカーセットのレビュー
何処よりも安かったので
R1用に最適です
難聴の父にはダメでした
ネイキッドには必要
中々いい飛びします♪
夏らしいさわやかさ
全く運動しない人にオススメです!
愛用しています。安いし
老人でも簡単に・・・
初CD化ではなく、初ジャケ化が本当です!
Good です。
大変、満足です。
瀬戸内特集
余裕が生む快適
とても良心的な内容
英文ペーパーブック
期待以上の作品でした
戻る