映画に触発されて読んだが、それ以上に感銘を受け「巻を措く能わず」の毎日だった
 前にキンドルで買って、
数十ページ読んだままで放っておいた本だが、
出張中の飛行機の中で映画化されているのを見て、
改めて読んだものである。

 冒頭に死神が現れて、
この物語を紹介すると言う形になっている。
その辺で読者は混乱するのだが、
状況を理解した後は、
「私は〜」の形式で時々出てくる死神の述懐が、
気にならなくなる。


 主人公は、
親のおかれた状況から、
やむを得ずドイツ人の家庭に養子にだされた、
Lieselという少女である。
9歳から14歳までの5年間、
ドイツのヒットラー政権が絶頂期を迎え、
凋落して行くまでを話の背景として、
彼女の体験に基づいて書かれている。

 養父・Hansの温かい人柄はLieselのかたくなな心を暖め、
口やかましい養母・Rosaの、
隠された優しさにも馴れて、
隣家のLieselを慕う少年、
Rudyとの交流も、
戦時下の窮屈な時代ではあるが、
伸び伸びと描かれているのが心地よい。

 そういう貧しいが穏やかな生活の中に、
突然現れたのが、
ユダヤ人青年、
Maxである。
誠意の人、
HansはMaxの父親に第一次大戦下で命を救ってもらった恩義から、
彼を地下室に匿うのだが、
この物語の大半はその状況下でのLieseに焦点を当てたHans一家の様子が描かれる。
日常生活を営みながらもヒットラーの政策に反する行為をすることの恐ろしさや緊張感が読んでいて伝わってくるのだった。


 私は以前に読んだ幾つかのドイツとヒットラー時代を描いた小説を思い出していた。
それらは、
「Those who save me」(Jenna Blum)、
であり、
「Sarah’s Key」(Tatiana de Rosnay)であり、
また、
「The Storyteller」(Jodi Picoult)である。
それ等の小説には、
一庶民が、
或はドイツ軍人が、
ユダヤ人達を匿い、
収容所からの逃亡を見て見ぬ振りをしていたことが書かれている。
この小説でも、
RudyとLieselがユダヤ人の行列にパンを与えた為に護衛兵に追われる場面で、
捕まりそうになったLieselに対して、
ドイツ兵が軍規に反して、
「Keep running, little
The Book Thief

その他の感想

鴨肝臓は15%
薄くて軽い。win10proもOK。
レトロな配置の専用コントローラー
5年間の集大成
やっぱりこれ
使えましたよ
iMac 2015には・・・・
コンパクトかつ高性能
初期不良なし。静かな電源です。
シャドーイングの超入門として
磨耗がすごくはやいです。
使ってみて納得です☆
連載時、リアルタイムで読んだ
ピッケルにピッタリです
否定も肯定もしていません。
残念ですが 小さかった。
少しわかりづらい
素早く取り替えるために。
美しいお顔の写真が多い
食いつき良好です。
贈り物にしたい美しい絵本
怖いくらい切れます。
瞼の分厚い&不器用な方には向いてないかも…
簡単な説明書つきです。
きゃしゃです
体の外と内からケアすることが美肌の秘訣ということを教えてもらいました。
スイミングスクールで使用中!おすすめ★
おしっこラインが分かりにくい
すこし手間取ったけど
早く出会えたかった
戻る