社会的選択理論の入門書
社会的選択理論の入門書です。
ボルダ投票、
コンドルセ・ヤングの最尤法、
中位投票者定理、
アローの不可能性定理といったものについてこれ以上なく平易に説明してあります。
実在の例(スロヴェニアでのボルダ投票など)も豊富ですので、
具体例に当てはめて考えることができると思います。
社会的選択理論は数学を使用する学問分野ですが、
本書では厳密な証明や数学的手法にはつっこまず、
九九程度の計算で済むように書かれています。
難しい内容はほかの本に任せるというスタンスで書かれています。

本書には多数決とは異なる決め方が色々と登場します。
直感ではなかなか得られない結果が論理によって導かれる、
刺激のある分野です。
「社会的選択理論ってなんだろう」「社会的選択理論は難しそう」と思っている方におすすめです。
多数決を疑う――社会的選択理論とは何か (岩波新書)

その他の感想

大きくてよいですね
手頃なスピーカーケーブルです。
思ったよりもちょっと生地が分厚かった
ジムに持っていっています
「安全文化」という内輪のお題目
股の部分の穴
★5つは甘いかもしれませんが
腰痛肩凝りが治りました
もう一声
思ったよりも小さいのです。
これなら安い!
大変面白いです
絆創膏と消毒薬をいっしょに保管
動きのある場所に使っています。
USB3.0モバイルHDDとしては現時点でのベスト・バイではないでしょうか。
こんなもんかな…
読みやすいという点では評価できる
まあいまいち
町に遊びにいきたい。
値段の所で-1です。
ムービーが素晴らしい
実測17.5センチで18がピッタリでした。
とても親切な内容です。読みやすいです。
品物もよく喜ばれています。
Analogサウンドが心地よい
サブリナパンツです
指の部分が短くて
文字通り新型N-BOXのすべてが詰まっている
ゆったりしています
A psychological crime novel, perhaps the first that was ever written
戻る