プロローグはそういうことだったのか…
アイザック・ベルと壊し屋の息詰まる攻防が続く。
ベルはついに壊し屋の正体を見破るが…

意外に本編はあっさりと終わり、
あれっと拍子抜けする。
また、
エピローグでは1934年が描かれているが、
最後までそれが謎であるのだか、
プロローグで全てが氷解し、
本編の結末の意図を知ることになる。


インディー・ジョーンズのような味わいのある面白い冒険アクション探偵小説であった。
シリーズ最初の『大追跡』の方が圧倒的に面白いのだが…

クライブ・カッスラーはこのシリーズ第二弾から共著者にジャスティン・スコットを迎えた。
ジャスティン・スコットの『ハードスケープ』と『秘密パーティの客』を読んだことがあるが、
どちらも冒険小説ではなく、
ミステリー小説だった。
カッスラーの冒険小説にスコットがミステリーの味付けをしたのだろうか。
大破壊 (下) (扶桑社ミステリー)

その他の感想

想像よりは…
面倒です
任天堂
衛星的
美学と知性のハイブリッド
インテリアのアイデア集です
「マリオの完成形」。
香りが意外に強い
しっかりした作りで使いやすい
裏地が剥がれて、下着につく。
さすが海兵隊用?
ペン先は良好だが・・・
表面にメッキの剥がれアリ
このDVDは買いです!!
100シート
結局、現地で使ったのはこの電子辞書だった。
キジマヘルロック
懐かしいのひとこと
収録リストをみてお好みで
WMF4.5L圧力鍋用
大きさと使用期限に注意
洗えないと書いてありましたが・・・
十分OKです
基本に丁寧 写真も多めでわかりやすいです
期待通りの商品であった
初心者用としては最適
WiFiがいい!
格安ラケット
イチゴ咲かなかった
桜 - 舞い降りる
戻る