J-POPの 魅力がわかる 本だけど
1.内容
著者は「『作詞作曲モノマネ』」(p3)をするそうだが、
著者によると「『ヒット曲にはある共通のパターンがある』」(p2)そうである。
それをきっかけとして、
J−POPを分析し、
結果、
「「日本のポップスはすべて“ノベルティー・ソング”と呼ばれるものだ』」(p177)という仮説を提示するに至った。


2.評価
面白いJ−POP分析だった。
レビュアーが特にいいと思ったのは、
小室哲哉、
アイドルがなぜいいのかがよく書かれていることである(前者については、
知人は誰も評価していない。
後者はレビュアーがジャンルとして好きでないので聴かない)。
外国の人が読めば、
J-POPの魅力がより分かること、
請けあいである。
ただ、
1.をまとめて気がついたが、
ノベルティー・ソングの概念が結構難しかったこと(レビュアーの理解は、
元ネタがあり、
それをまとめてオリジナルにしたイメージ)、
この手の本だから(NHKのEテレでやっていた「亀田音楽専門学校」も同じだと思った)仕方がないが、
帰納なので根拠として少々弱く感じた(ヒットしていない曲だって本書の「ヒット曲の法則」等はあるのではないか?)。
以上、
全体の面白さ星5つ、
本レビュー2.「ただ」以下で1つ減らして、
星4つとする。


*敬称略
すべてのJ-POPはパクリである (~現代ポップス論考)

その他の感想

表紙がこれか!
デザインが細かい!!取れやすくない!!
おほー(仝ω仝)
しっかり色が抜けました!
やや大人向けの内容でした
フルー◯ェみたいな事に…
付録の小冊子が良いです!
爽やかな緑の
私のバイブル!
患者向けに書かれていると思う。
筐体が大型だが、これ一つで対応できるのは助かります
切れ味抜群です
PHYZは、気に入っているのでお買い得感あり
売りはスマホが使えて時計が見れる手首みたいです。
さんしょうは小粒でぴりっとからい。
粘りがあって使いやすい
何度観ても感動です!
使い方次第。
子供うけはいい
読書ならぬ毒書 追記:統計データに関して
プライムdayバンザイ!
品物はOK、でも、送り時間はとてもかかる。
車のデッキが壊れた弟に
塗装がいい
少し高くてもアマゾン発送を選んだのに・・・
濡れたまま包丁が砥げる。
Author comments
最低の不良商品!
想像しにくいことを的確に説明
どこまでを求めるか
戻る