盗作作家
三島由紀夫の短編小説「憂国」を盗作した作家です。

盗作疑惑が出た後、
暫くは、
しらばっくれていて、
出版社側は三島よりも表現がすぐれているなどと恥知らずなことを言っていました。

ここにきて事実上盗作を認めましたが、
次のようなことを語っています。

「いくら過去の記憶をさかのぼっても『憂国』を読んだという記憶はないが、
もはや私も自分の記憶を信じられない状況になった」「出版社と協議して『伝説』を、
収録した単行本から削除する」
「文学賞の審査委員などすべてを辞退し、
自粛する時間を頂きたい」
「小説は私にとって命のようなもの。
書くのを止めたら生きていけない。
文学という『地』で転んだのだから文学という『地』で起きあがりたい」
 過去には丸山健二の文章を盗んだこともあります。

 「書くのを止めたら生きていけない」とありますが、
「盗むのを止めたら生きていけない」ではないでしょうか。
母をお願い (集英社文庫)

その他の感想

祝・ドゥマゴ文学賞受賞☆
色、デザインともに想像通りでした!
見えにくいです。
ミニ四駆に最適でした。
一番いい
クッションがしっかりしていて安心感があります
ハリウッド映画はおこらない
カードケースはこんな物でしょうか
英語学習者の必需品
値段通り、ほぼ期待通り
面白いコンセプトだが、これではただの歴史の教科書
サイズも丁度良く
殻付きだと爪の間が痛くなるので、コレばっかり買ってます
軽くてコンパクトE-P3用に◯もっと値段が安いといいのに
まったく普通に使用できます
なかなか重宝します。
7巻まだかなー
ボカロ初心者の感想です
説明書が不親切
たくさん届くのが良い
最近は見かけないが、かつてホームセンターの定番PSFだった
Digaの出力の分配に使用.CEC機能(ビエラリンク)問題なし.
要所で光るセンスを楽しむ作品
来た製品は色が違い過ぎで薄い黄色でした
他と比べてリーズナブル
品質は問題ありません
惜しい感じ
凄く丈夫です。
Aqoursの輝く未来を信じて、ILiveLoveLivedays!
攻略に必須!
戻る