いつもながらの攻略本
端的に言ってしまうと「いつものヤツ」です。

取り外し可能な小冊子とアサルトブースター(移動力+2、
クリティカル補正+20、
機体・武器の地形適応をSに、

移動タイプが“専用”以外のユニットは移動タイプ“空”を取得)のプロダクトコードが若干特徴的ではありますが、

構成自体は特段従来のファミ通書籍のものと変わりはありません。


本書は4つの章からなっています。

・システム解説
・シナリオ攻略
・データページ
・エクストラ(原作紹介、
設定資料、
寺田Pインタビュー)

▼システム解説
主人公の誕生日やSRポイント、
各種計算式、
Dトレーダー、
周回要素等々。
情報量としてはとくに過不足はなし。


▼シナリオ攻略
全体チャートに隠し要素の紹介、
出撃タイムテーブルに各シナリオの攻略など。

各シナリオの攻略は基本的に見開きで展開されており、
左ページにシナリオチャートと攻略テキスト、

右ページにマップと敵データを掲載するというスタイル。
戦闘会話イベントの発生条件も記載アリ。

また終わりの方のページにはトロフィーに特価した攻略ページも。


▼データページ
スパロボ攻略本のキモとも言えるパイロットデータとユニットデータ。

パイロットデータ、
ユニットデータともに、
味方→敵と別れて掲載されており、

ソートは作品ごとのID順(要するにインターミッションなどのデフォルトの並びと同じ)。

個人的には問題ありませんが、
50音順派にはやや厳しいか?
パイロットデータは1ページ3人ずつ。
Lv1だけでなく、
Lv70、
Lv99のステータスも載っている。

コメントは育成や運用方法に終始しており、
遊びがないなーという印象。

なお、
敵パイロットに関しては一般兵のみコメントはありません。

ユニットデータもパイロット同様に1ページ3機ずつ。
初期値のほか、
10段階、
15段階の数値も記載アリ。

コメント内容はおもしろみがないのが残念ですが、
昔のようなものを今の時代に期待するのも酷か?
第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 パーフェクトバイブル (ファミ通の攻略本)

その他の感想

携帯しやすく飲みやすい
ちょっとシンプル過ぎというか・・・。
守るべきもの
レギュラーではないけどちょっと変化を加えたい時に
シートコア、もう1枚あるといいかも。
痩せるというよりも。
普通かな?!
考えていたより大きな絵だった!
こいつはいい!
一発逆転のドキドキ感がいい!本格ルーレット
安くて良い♪
かわいいですよ
不易流行
サウンド
映画ファンのみならず必読。
友人に贈ると喜ばれます
一番基本の
キャラゲーですね。
ひんやり冷たい
ノーマルにワンポイント
【ひつじのメイプル】抱き枕(新色)M
画期的な企て
つけ心地がいい
日本と世界の電力システムの違いがわかる
単機能レンジとして十分
19個しか入っていない
Good!!!!!!
信頼のステッドラー!
最高!に楽しいゲームですが.こんな状態で発売していいんですか?
この商品の「小ささ」には要注意かと
戻る