リクルートの今後の展開に焦点を当てる
 リクルートについて書かれた本は多いが、
本書が類書と違っているのはリクルートの未来に焦点を定めて書かれている点である。
言い換えればこれまでのリクルート本は過去をテーマにしてきた。
凄い企業だということを人物と出来事を中心に書いていたのだ。
そのため創業者の江副浩正について多くの紙面が割かれたのは当然である。
しかし、
本書を執筆した日経記者の関心は過去ではなく、
もっぱらリクルートの今後の展開に向かっている。
創業以来の歴史と現状にも半分のページを費やしているが、
そのねらいは経営のポリシー、
経営手法と企業文化を明らかにし、
リクルートの今後を予測するためである。
何故ならば、
株式市場のみならず社会全体が数か月前に上場を果たした企業の「今後」に強い関心を払っているからである。


 1兆4000億円の債務返済の重責によって大規模投資を封じられた「失われた10年」はリクルートの成長に大きな打撃を与えた。
売上が国内に偏重し、
同じくマッチングをビジネスとするグーグルに大差をつけられたのだ。
株式上場による資金調達 の目的はこの遅れを取り戻すこと、
すなわちグローバルの展開とITを駆使したサービス開発である。
その方針の実現可能性を明らかにするために記者は海外にも飛んで数十名におよぶ取材と経営陣へのインタビューを実施している。


 リクルートは2020年に売上の50%、
1兆円以上を海外で稼ぐ目標を定めた。
最も海外進出が進む派遣領域において、
リクルートはアメリカで買収した企業の業績を急伸させている。
そこでリクルートの得意の経営手法であるユニット経営が海外でも有効であることを示した。
派遣ではM&Aの強化によって世界一を望めるところまで来ている。
問題は、
国内の主力の事業である人材メディアや販促メディア等のマッチングビジネスであるが、
この分野はインディード社の買収で緒に着いたばかりである。
リクルートのグローバル展開の現状を詳しく取材しているが、
その成功の可否を論じるには踏み込みが浅いと感じた。
経済記者が書くのなら、
リクルートの描くグローバル戦略を戦略論の見地から批評するとか他の成功企業と比較するなどして、
広い視野から課題を指摘すべきではないか。
リクルート 挑戦する遺伝子

その他の感想

豆餅が好きなので度々購入
「にゃん」じゃなかった・・・
参考にします。
思ったよりいいw
初めてのアイロンプリント挑戦にはお勧めです
エミリアたんマジ天使なカードケース!!
いよいよ最終作!!といいながら・・・・
産後ケアのプレゼントにもオススメ!
レイセン完結
久しぶりです
取手部分に問題あり
ナイスデザイン!
ぐんちゃんの魅力全開!
予想以上に綺麗になった
接続部の不具合あり
ベストアルバムより好みかな
じゅうぶんですっ!
NEWやきとり屋台の網にピッタリ
使った油がクリアになり、無駄なくエコである。
効果が出ました。
他メーカー同じモデル材質色デザインインと比較しました価格で選びました。
品質、サポートに疑問
娘の誕生石
仕事中こっそり開くと
着物3枚ではすまない
BLEの体系だった知識が手早く学べる
柔軟性抜群
シール剥がしが楽しくなる
レッスンとの併用を、お薦め致します。
ディザスタージェットコースタームービーを是非3Dで!
戻る