これからの彼女達に改めて期待できる一枚
「ぐるんぐるん」ツアーの熱も冷めやらぬ10月31日から始まった「Perfume World Tour 3rd(以下、
WT3rd)」。

その最終公演を納めた映像作品。
今回もBlu-ray版を購入しました。


 ライブビューイングに参戦する前、
「海外ツアーも3回目になると、
だんだんライブで流す曲が固定化されてくるのか?」と危惧していました(海外でも日本でも、
観客がノレる曲というのは大体決まっているので)。
しかしオープニングから「Enter the Sphere」が流れた瞬間、
「ドーム公演の演出を海外でやるか?」と冷や汗が流れ鳥肌が立ち、
そんな危惧は吹き飛びました。
NY会場はもちろんライブビューイングの観客が総立ちになりライブモードに突入、
3人が現れた瞬間は悲鳴にも似た歓声で観客のボルテージが最高潮になるのを思い出しながら鑑賞しました。



【映像・音声】

 映像に関しては、
毎回の事ですがBlu-rayの恩恵を十分生かしています。
現地で煙が出ていた(照明から出る熱の揺らぎだったのか、
スモークを炊いていたのかは不明)のですがその細かい粒子まで分かるほどです。
カメラワークは台数が少ないと思うのですが、
切り替えがこれまでのWT1st/2ndよりも多いように見えました。
途中で入るバックカメラの映像が観客の熱狂振りを映していて臨場感を感じさせます。
一方、
音声に関しては、
一時期Youtubeに大量に出回っていた動画と比較すると、
観客の歓声や手拍子が弱く臨場感に欠けるかなと感じました。


【内容】

 コンピレーションアルバムを軸にして人気曲・最新曲とアルバム「LEVEL3」を織り交ぜてくるセットリストは秀逸です。
長い曲(Enter the Sphere、
Party Maker、
等)は若干省略しているものの、
却ってメリハリが出て良かったと思います。
お気に入りは「GAME」。
まさか生で「GAME」が見られる日が来るとは思わなかったので、
こちらも大満足でした。
Perfume WORLD TOUR 3rd [Blu-Ray]

その他の感想

非常に綺麗な商品で最高です!
クボタン付きでお買得
万年筆のボディーの色とは違いますよ。
作りたいものばかりデス
ランニングとトレミでしか使わないので、GARMIN 735XTJより良かったです。
形が細身でカッコ良い
表象について
「過去の遺物」か「将来への指針」か?
イヤイヤ期の特集
持ち運びが楽です。
スカートのボリュームがすごい!生地もしっかりしています
すべすべになった!!
最近の巻では一番面白かった
カメラのフラッシュ
ジャストフイットです。
無事に稼働
非同一性の哲学
やり直しというよりは復習
この本で合格
TOPEAKのロゴは剥がせます
アレンジの参考にしています
クロスの隙間埋めに。
親しみやすく,わかりやすい
大変だな
表紙に偽りなし。そしてアマゾンの商品説明も珍しく正鵠を得ています。 (^Д^) それだけに惜しい部分が幾つも。 ( `・ω・) ウーム…
マルチゆえの…
ゆったりとしたテンポ
なかなかいいとは思いますが。。。
自己主張しない鏡
ベストセラーという事で購入しました。
戻る