疫学の観点からの因果論を哲学的に少し掘り下げた内容です。
本書は120頁ほどですので集中して読めば数時間で読み終わります。

一言でいうと疫学の観点から因果論を哲学的に少し掘り下げた内容です。


ピロリ菌の感染は94年に国際がん研究機関で「明らかに発がん性がある」に
分類されましたが、
日本の学者は「動物実験で確認されていない。
」と否定的に
受け止めました。
著者はこの日本の反応の方が間違っているとします。

疫学で因果性が明らかなのに、
動物実験などでメカニズムを解明しない限り
因果性がないとの考えは誤りとします。

これは「部屋のスイッチとその部屋の電灯の因果関係を、
配電図を見なければ
納得できないと主張する人はほとんどいない。
」(79頁)との見方です。


同じことを要素還元主義の誤謬としても論じています。
要素に還元する以前に
因果性が明らかなのに、
さらなる要素に還元しようとする誤りです。

その例として森永ヒ素ミルク中毒事件や水俣病事件にも言及しています。

これらの事件では要素還元主義の誤謬に陥って、
メカニズムの特定ができるまで
因果性を認めないとして犠牲者が増えた事情があると指摘します。

この部分は啓蒙書として非常にためになると思います。


著者はヒュームの因果論をとくに重視します。
経験論を貫くと因果は「第1の
事象のあとに第2の事象が常に随伴する」で尽くされるはずです。
ヒュームは
科学法則も経験的知識に過ぎないとします(哲学では通説ですが)。
ヒュームは
因果から必然の要素を追放し、
因果とは習慣のようなものとします。

本書のヒューム論はこれとは少し異なるところが、
ちょっとひっかかります。


さらにそこから観察可能な同種事例を重視するという疫学につながります。

最後の20ページは疫学の初歩的な説明で締めています。

わずか数時間で読める本ですので、
読んでおいて損はないです。
医学と仮説――原因と結果の科学を考える (岩波科学ライブラリー)

その他の感想

Underfuse (アンダーフューズ) ハイパフォーマンス・ポケット
ここには確かな“熱”が有る!
見所
軽量で扱いやすい
買って正解!
鉈代わりに
賑やかな映画、賑やかな音楽!
特集が素晴らしい! 雑誌が素晴らしい!
必要な機能は十分
ふつう。
孫6人にプレゼント
駄菓子には、駄菓子の美味しさ
子供と読むのに最適です
元気を貰える!
馬鹿にしていましたが、
価格優先したけど…
まるでボールペンで紙に書いているような感覚・・・
「仕事で悩んだ時にそっと開いて貰えるような本にふさわしいです」
とても、良い商品。
競争戦略がわかりやすく学べる。
理系の観点から「善悪」について論じたユニークな哲学書
パッケージが可愛い!
重宝してもらえそうです
おーけー
仕事用でも安心して使えます
以外と旨い。
ユノペンはお得感あり
槽洗浄、部屋干しのニオイ対策、本来の漂白と万能。
読む人に希望をあたえるとても良い本だと思います。
持つべし♪
戻る