現代語に翻訳されて非常に読みやすい
 新井白石の著作は代表作である本書の「折りたく柴の記」や「読史余論」「西洋紀聞」など、
歴史の授業で名前を暗記しても、
実際中身にふれる機会など少ない方が多いのではないだろうか。
私もその一人です。

 しかしながら本書は、
現代語訳に翻訳してあり、
まったく苦もなく読み進めることができます。

 家系の歴史や直参に取り立てられまでの本人の略歴や、
自らが起草した政策の解説、
当時を騒がせた事件の顛末などが書かれていて、
当時を知る上での一級の資料とも言えるし、
当時の武家社会の様子なども垣間見ることが出来る。

 当時の幕府で何が重要な問題とされ討議されたか?
 領地の争いや、
血族間の殺人など、
こんな問題が中央政府で真剣に討議されたのかと思うようなこともあり、
当時がいかに平和な社会であったのかも連想させる。

 側近政治についても、
柳沢吉保、
荻原重秀らを批判しながらも、
老中や大老、
若年寄がいわゆる世襲の大名二世三世でその能力が低いことが原因とし、
今の国会議員と官僚の関係のようがきがしてならない。

 当時の幕府の中枢の様子をしる、
読みやすい本です。
お薦めします。
折りたく柴の記 (中公クラシックス)

その他の感想

デザインはいいのに
先生!挿さりませんっ!(笑)
標準アンテナに不満があるならこれをお試し
なんとまぁ・・・
もう少し厚みがあった方が。。。
もう少しというところで
ipod nano 第6世代気泡ゼロフィルム
墓場を舞台にした少年の成長と自分探しのファンタジー
ヒドい
ぼくたち人間は,自分がだれの人生に影響を与えたのかもわからなければ,いつ与えたのか,なぜ与えたのかもわからない。
母が気にいっています
ケニー☆
Tokyo Journal を手に入れて
解説が良い
臭い対策
家内が喜んでいます。
何度読んでも引き込まれてしまう。
弾くだけでなくコードの理論を勉強するよい本
comfortable and stylish
至宝の名曲揃い(惜しむらくは)
背筋を伸ばして!
御朱印帳とセットで
「神様」に翻弄される参加者
使いやすかった♪
源氏物語の3大傑作入門書の一つだと思います。完全版が読みたくなりますよ。
いい百合漫画です
小さいので狭いところにも入る
モラハラに興味のある人におすすめの良書
懐かしさと新鮮さを併せ持つ待望のリメイク
出かけるときは絶対コレですよ
戻る