現代にもあてはまる日本社会の病理
この本が書かれて30年経つが、
著者が提起する日本が抱える様々な問題はどれも今もって当時と同じように横たわっている。
一般的に少し前までの近代日本社会は父権社会だと考える傾向にあると思われるが、
著者は、
父権を確立することによって母性原理に基づく文化を補償してきたという。
つまり、
父親は家長として強さを持っているが、
それはあくまで母性原理を遂行するための強さで、
父性原理の確立者というわけではないというのである。
読み進めるに従いその説には納得させられる。
そして、
現代でもその母性社会の特徴は全く失われていないように思う。
それであれば、
30年の時を経ても変わらないこの社会の特徴を知ることは、
この世をたくましく生きていくために助けとなるのではないか。
そんなことを考えさせられる。

不登校、
平等主義、
対人恐怖、
心理的な少年と老人などの日本人の特徴や病理について示唆深い一冊。
0
母性社会日本の病理 (講談社プラスアルファ文庫)

その他の感想

映画の脚本を書く技術をキチンと学べる
掃除道具
泡切れがいい
適度なマットの硬さです
2か月たちました
このCDは構成、特にラストが素敵です、おもわず涙が…
基礎です。良いです。
セルカ棒大活躍!
簡単炊飯
子どもも大人もぜひみてほしい
処分に難ありだが子供の成長には期待できる
GX7のバイブルです。初心者は絶対買うべき本です。
ゴミが出ません
読みやすく分かりやすい
必要で購入
ちょっとした工夫ですが。。(^_^;)
品質は良くないと思います
切れ味鋭い!
まずくはないけど…
子供が自分の町を作るのに使えます
いやー、面白かった!!!
言葉の密度、圧倒的です
色とりどり
アメリカンワークスタイル!
動きが不安定
他にはないデザイン。
ディズニーって…。
中だるみとかいう人もいるけど。
ディスクホイールのタイトなバルブ穴でも接続できます。
カプセルが割れて中の薬剤が飛散します
戻る