経済観をアップデートせよ!
マーティン・ウルフは、
長い間フィナンシャル・タイムズ紙の主筆にある人であり、
経済ジャーナリストではおそらく世界一の評価を持った人物である。
オビの宣伝文句では、
ノーベル賞経済学者、
各国の経済閣僚や中央銀行総裁から世界屈指の資産家に至るまでが賛辞を寄せているが、
このウルフの『シフト&ショック』は、
英語圏において多大なる反響を呼んでいる。
確実に、
経済政策の大きな流れの変化を特徴づける一冊といえるであろう。


この本のどこがそんなに優れているかというと、
最新のニュースや学問状況を踏まえていて、
新しい内容である点だ。
参照のほとんどが金融危機以降の最新の文献なのだ。
新しいまだ流動的な内容は、
しばしば消化不良を起こすために具体的政策論にはなりにくいものだが、
ウルフは現実のフレームに合うよう、
省スペースで小奇麗に体系だって上手くまとめている。


参照文献のうち邦訳があるものは、
アハメド『世界恐慌』(2009年、
邦訳2013年)、
ブリニョルフソン=マカフィー『機械との競争』(2011年、
邦訳2013年)、
コーエン『大停滞』(2011、
邦訳同年)、
クルーグマン『さっさと不況を終わらせろ』(2012年、
邦訳同年)、
『21世紀の貨幣論』(2013年、
邦訳2014年)、
ラジャン『フォールト・ラインズ』(2010年、
邦訳2011年)、
ラインハルト『国家は破たんする』(2009年、
邦訳2011年)、
ルービニ『大いなる不安定』(2010年)、
サックス『世界を救う処方箋』(2011)、
シャルマ『ブレイクアウト・ネーションズ』(2012年、
邦訳2013年)、
シラー『バブルの正しい防ぎ方』(2008年、
邦訳2014年)、
ソーキン『リーマン・ショック・コンフィデンシャル』(2010年、
邦訳同年)、
スティグリッツ『フリーフォール』(2010年、
邦訳同年)、
テミン=バインズ『リーダーなき経済』(2013年、
邦訳2014年)、
ピケティ『21世紀の資本』(2013年、
邦訳2014年)などである。


もちろん、
危機以前に危機を予測できる視点をもったケインズやバジョット、
ガルブレイス、
ミンスキー、
さらにタレブ、
ソロスへの言及はいうまでもない。
また、
邦訳がないが有名どころ、
サマーズのsecular
シフト&ショック──次なる金融危機をいかに防ぐか (ハヤカワ・ノンフィクション)

その他の感想

単品買いしたかった
もはやアップグレードではない
よろしくない
拍子抜け?
貼る作業さえ乗り切れば
2ストセピアZZ
もれません!
将棋の面白さが分かる!
ダメもとで購入したが、商品を手にして(*_*) !!
あなたは自分のワークフローを自分で構築できるか
サイズはフック間13mmです。
物をしっかりホールド出来ない
他のレービューを見て
子供の電子ピアノ練習用に
スカイプ用に
いいんじゃないでしょうか
滑り難いのですが
対応が悪すぎます!
値段以上の良いベルトだと思います。
2014年度、最高のマック・アプリ・カタログ。。。。秀逸!
今までに野球経験のないパパさんコーチにはたいへん参考になると思います。
車のトランクに積んでいます
授業で使った本ですが。
サンプルが無いのが悔やまれるほどに、がんばってます!
「40万人が学んだ伝説の授業」は,誇大広告に非ず
キクタニ クラベスKIKUTANI CL-79
2人でのプレーがとても面白い
大好きなムーミン。
ガラスフィルムが全面接着でないことが不満な方に
リゾート気分に☆
戻る