原作のイメージを凌駕した映画
大好きな本の映画化。
吉とでるかがっかりするか、
怖くてなかなか観られなかった映画。

予告の掴みはOKだけど、
でもという映画多いよね、
と。


ああ、
でもここまで見事に映像化してくれる映画が他にあっただろうか?
 ホグワ―ツの食事の間から、
全ての舞台設定の見事さ。
階段が勝手に動いて道がわからなくなるって、
文章での頭のイメージでは面白いけど…あ、
映像の方がもっと面白いや!!!
 キャストも、
凄いすごい。
よくぞ、
ここまでハリーのイメージぴったりな子がいたものだ。

 それだけでなく教員のお一人お一人も見事。
厳格ながらどこかおかしく、
かつなんてスマート!!!マクゴガナル先生、
スネイプ先生なんて、
私のイメージ力が少ないのがいけないんだけど、
自分でイメージしていた以上にぴったり。
しかも、
私一人がイメージにあうと言っているわけでなく、
他の方のレビューを観ても、
ほとんどの方がイメージ通りと言っているなんて、
スタッフ、
役者みんなこの作品のファンで読みこんだんだろうなと嬉しくなってしまう。


エピソード・エピソ―ドの作り、
小さな小物まで、
オタクか?と突っ込みたくなるぐらい充実してます。


ただ、
映画全体として観ると、
原作の捨てがたいエピソードを詰め込み過ぎて、
ごった煮映画になってしまっているんですよね。
最初のプロローグとして、
ホグワ―ツ・魔法の世界の紹介映画としては良いんだけど、
一つの物語として観る場合、
起承転結とか、
序破急とか、
物語の流れがブツ切れ。
やっぱり2時間程度じゃ収まらない。
0章とか作ってホグワ―ツを紹介して、
秘密の部屋のエピソードに絞った話にするしかないのかな?

原作の映画化って難しいですね。


とはいえ、
これから続く長い物語の序章、
息抜きとしては最高の映画です。
シリーズ中繰り返しみたいNO1。
なんといってもハリーもロンもハ―マイオニ―もネビルも皆可愛い。
彼らの初めて体験やちょこまかした、
奮闘記とそれを見守る大人たちを鑑賞するだけでも眼福です。
ハリー・ポッターと賢者の石 [DVD]

その他の感想

綺麗さ復活!
素材感が好きで購入しました。
期待してたのとは違った。
効果は感じられませんでした。
本質の研究をさらに使いやすくした増補改訂版!
事故の疑問にリアルに迫る著者の執念を感じる力作
動物と動作と「What Do You Hear? 」
欠点は1つ!
暖か-い♪
機能的にとても良いです
フィッシング用(小魚)なら使えるかも?
1140ページからなる、アンデルセン童話集の集大成,
カートリッジには戻れません
便利な機能満載
マニュアル・サポート
思ったより冷えない
買う前に立ち読みを
クリーム
田舎の医者の珍説。邪馬台国九州説自体は同意
わたしのマザーグース辞典。
特典映像に不満
悪くないが評価高すぎ
黒いカバンに
小憎たらしいほど映画らしい映画でした…
うわ、、
カッコ良すぎ!!
ばっちりです。ただし・・・注意点が二つあります。
白いのより良い!
手にピッタリ
ヘルメットバイザーのワンポイントに・・・
戻る