嗚呼無常、第二部、コゼットとの邂逅
第二部
1861年5月、
語り手はナポレオンの負け戦、
ウォータールーの跡を訪問します。

語り手は又、
陰鬱な邂逅の話をします。
ある詐欺師が死体から貴重品をもぎ取り、

彼は傷付いただけなのに将校から、
時計を盗みます。
彼は命を助けられるが、

この将校ポンメルシは、
この最高の救済者はテナルディエと名乗ったと言います。

1823年、
ジャベールに捕まり牢獄に入れられ、
ジャン・ヴァルジャンは逃げるのに
成功するが、
再度捕まります。
永久労働刑に処せられ、
ツーロンの徒刑囚となります。

ツーロンの港へ帰る軍艦の事故で、
ある海兵の命を救い、
彼は恩赦の支持を得られ、

海に身を投げ、
ボートの下を潜水し逃げる事に成功します。
皆彼は死んだと思います。

自由を再び得て、
ヴァルジャンはファンティーヌに誓った約束、
コゼットを解放する約束
をするつもりです。
クリスマスの前夜、
モンフェルメイユに着き、
コゼットは相変わらず
ぼろ服です。
彼女はテナルディエにいじめられ、
ヴァルジャンは彼女を防御します。

意地悪女に夜、
泉まで水を汲みに行くよう命令され,凍てつき、
桶は彼女より大きく、

震えます。
すると誰かの手が桶の取っ手を持って次第に桶が軽く感じられます。

ヴァルジャンは少しの会話で、
彼女がコゼットだとわかります。
彼はあんなに欲しかっ
た人形を彼女に揚げ、
宿屋の主人の恐ろしさが半減されます。
ヴァルジャンとコゼット
はパリに行き、
あばら家ゴルボを借ります。
父親の愛で彼女を保護します。
しかし、

直に監視されてるのに気付く。
新たな間借り人が入り、
ジャベールその人です。

その夜二人は逃げるが、
ジャベールは追い掛けます。
そして変な場所に迷い込み、

年老いた僧侶フォシュルヴァンが現れます、
彼がモントルイユ・シュル・メールの市長の
時、
命を助け、
プチ・ピクピュス僧院の庭師のポストを見つけてやった、
その人です。

この僧院は僧侶と庭師以外に入る事が許されないと言います。
彼は補助庭師として、

兄フォシュルヴァンと名前を変えます。
コゼットは僧院の生徒となり、
将来僧侶の階層
にはいるよう説得されます。
misérables - volume 2 - Cosette, Les (French Edition)

その他の感想

コンパクトなのがイイ!
1000円とは思えません!
イメージは丸い感じ?
???
ジャズ本で一番信頼できる!!
初めていじる場合必須です。
早くておどろきました。
接続ケーブルを外すのが少し大変
安価250円(送料別)
見て、考えて、描いてたのしい!
初めてのAAA.
ヒスノイズがあります
アンデルセンどうわ
ラベルの糊がとれない
ちょっと怪しい
リーズナブルで便利な商品
貼り付けは心配したより簡単に、うまくできました。
贅沢な内容です。
透明で
とうとう手に入れました!
必要だったので
値段の割には内容が・・・・・・
気をつけて下さい
試用して8か月、問題なく使用中
ちょうどいい生地
さすが日本製 安心感があります。
二つ目の購入
エマソン最高!
クソゲーのクソ商品
病院で使用していたのと同じ感じ
戻る