自身の自撰集と作品集に収められた月報や巻末に書かれた文章を集めた『半自叙伝』
 1月末の銀座・有楽町を襲った昼間の爆撃から、
なぶり殺しのように徐々に焼き払われていった東京の空襲は《かならず来るはずの災いが、
半月もひと月してもやって来ない。
だからと言って、
避けられるものではない。
そんな半端な状態は人の心身をけだるくする。

けだるさは大人たちの物腰にも見えた》という状態となり、
5月24日の東京・西南部を山の手から郊外まで焼き払った空襲で古井さんの家も焼かれます。
さらに、
疎開先の大垣の父親の実家も7月末に焼き払われます。
落ち延びていく途中の甲府も名古屋も焼き払われていき、
終戦を迎えるという経験は、
ある種の記憶をなくさせる、
と古井さんは何回も書きます。
そして「モーナイ、
モーナイ」というGIにたかる《闇屋のはしくれ》となり、
なんの間違いかアメリカから大量に援助された赤砂糖をつかったカルメ焼きを、
何もすることがない大人たちが投げやりに焼いているのを横目で見るような戦後が始まる、
と。


 やがて朝鮮戦争も終結し、
結核の特効薬も入り、
栄養状態も良くなりますが、
この時期に手術をした古井さんの友人には売血で受けた点滴から肝炎に苦しむ人も出てきて、
それなりにまだ陰惨な時代は続きます。
この頃から「蒼い顔」をして歩く若者が少なくなっていったと書いていますが、
なるほどな、
と思うと同時に、
若い時に成長に使われる栄養が足りないと、
結核になりやすいのかな、
なんて思ったりもします。


 徳田秋聲の作品に東京の風景がよく描かれていというので、
それも(p.126)。
《狂いに落ちる過程をたどることはまだしもできても、
狂いから立ちなおる過程を追うのは、
これこそむずかしい》というあたりは、
中井久夫先生の寛解過程の話しにも通じるかな、
と(p.153)。
連歌に興味があるというのも始めて知りまして、
『芭蕉七部集』あたりちゃんと読もうかな…とか。
0
半自叙伝

その他の感想

大変気にいてます!
アメリカンワークスタイル!
やめられない!だし醤油
ハンドソープでも代用可能
一人一台パソコンを持ちましょう。
ボルドーワイン愛好者必携の書
違和感なく使えます
立ち読みしてたら…
ヒントにはなる
原作から抜け出てきたよう
今月から ”武士道への道◆1 執行草舟とは何者か” が新連載。
iVisをUSBで駆動
本機のレンズの良さが実感できます。
それなりに気に入ってます。
ロードバイクに使用
作り方・・・
北欧でも活躍
よくぞまとめてくれた
無意識をもたない人間
何を読もうか迷っている方に
SSD+メモリ増設でベストバイ
20年の軌跡、いいねぇー
付加価値あり
敬愛するブロガーさんの写真集
取りあえず言わせてもらう(ネタバレあり)
役立ってます
シンプルな構造で、しっかり留まる
お友達の誕生日に。
心理学者河瀬厚の代表作
このミキサー気に入りました
戻る