名文を書くための本ではありませんのご注意を
著者は読売新聞の看板コラム「編集手帳」の6代目執筆者です。
著者のバックグランド情報なしに、
名文を引用して名文を書く技術という帯にひかれて手に取りました。
読み手の心に響く文章を書くために名文を参考にする、
いわゆる文書のボディをどうするかという内容を期待して読むと肩透かしをくらうことになるでしょう。


本書は、
誰もが知っているフレーズをパロッて笑わせるネタ帳、
しかも本題に入る前のつかみ使うネタの羅列です。
落語でいうところの枕にあたる部分です(古くてすいません)。
まれに枕だけで芸を完成させてしまう天才もいるにはいますが、
落語で枕を一生懸命学んでも特殊な才能がない限りは芸にはなりません。
ですので読者に読ませる文章を書くために、
何をどう書くかにつきましては一切触れられていません。


本書の楽しみ方としては、
著者の集めたパロディを面白がって読むということでしょうか。
ただ、
ネタの好みがかなり偏っています。
笑えない人にはまったく理解できない「おやじギャグ」の羅列でしかありませんので手に取る前に気を付ける必要があります。
名文どろぼう (文春新書)

その他の感想

やらせない改革の原点
文楽を見ている人のためのガイドブック
ダイエットの為に購入した寒天スープ
良くないのはわかるけど、なくならないでしょうね。
まあ趣味なので
ここにもハマる。
持っておくべき1冊です!
色々とジャスト&ベスト
失ったもの、手に入れたもの
本当に肩こりが軽減しました
色もサイズもばっちり
良いマウス
カットが惜しい
カラーリングが、魅力的なモデル・・・。
途方にくれているあなたへ。
カラフルな全部入り電卓
昨年に引き続き2台追加購入
続きます!
勉強に成りました。
効きますよ!
最後まで楽しめた
絵本出版社としての姿勢に
装着しやすい
普通、だが、それがよかった
何度も開いてみようと思わせる
小学校の現場ですぐ役立つ内容
レシピカードとして使用。
大きいですがよいです
怖いくらい切れます。
教科書・成書にあたる前の「基本のき」が得られる
戻る