川の光を求めて
読売新聞の夕刊に連載されていた小説が、
加筆され単行本になりました。

主人公はクマネズミの親子。
安住の地を追われ、
新たなすみかを求めて旅立ちます。

このようなある種のファンタジーは、
読者をその世界にどうやって誘うかが鍵になりますね。

いわば、
入り口をどうするか。

いきなりその世界の住人として物語を始めるか
あるいは、
何か我々の世界と共通の“物”をきっかけにするか。

この小説では、
私たちの“感覚”をその入り口にしています。

プロローグに書かれている「そんなことはできないに決まっているけれど、

もしあなたがまったく足音を立てずに歩けるのであれば〜」の部分から、

読者はねずみたちの世界に入って行くのです。
この入り方は新鮮でした!
物語はハラハラドキドキの連続です。
そして登場する動物たちがとても愛らしいです。

ねずみたちの命がけの旅をささえるものは、
「川の光を求めて」という言葉。

「川の光」は自分の在り方、
生き方の理想を表す象徴なのでしょう。

今の社会、
「川の光」を心に持たない人、
見失っている人も多いのではないでしょうか。

私自身も考えさせられました。

挿し絵も新聞連載時と同じ島津和子さんです。
たくさん入っているので目でも楽しめます。

夏休みに、
親子で読まれてはいかがでしょうか。

☆4つの評価は一般の方向けです。
私はハムスターを飼っているので心の中の☆は5つです。
川の光

その他の感想

過ぎてしまった時間を見つめる・・・
良い匂いに癒されます。
ビールが何倍も楽しめる。
取り付けキット
凹んでシワが…
大学入試特集の他にも良い記事が
3歳の子にぴったりでした。
アイロンも進化している!
楽しいハンガリー語
実際に練習問題を解く形でいいです。
手感不
安くないけど、これがいいです。
思ったいじょうに履きやすい
TOEFL97
たのしいよ^^
【セット】エイチアンドエス フォーメン
速さに驚き! 付属ケーブルが不安定要素。
投資をするなら一読すべき書
アウトドアでのスズメ蜂対策に有効な素晴らしい製品
【おすすめです】実務で使える経費の考え方がたくさんありとても勉強になった
生命(いのち)を掴み直し、育て直した巨人
人気の秘密
店舗のスタッフルームへ
人生のヒント満載
ディレイはやまびこ、リヴァーヴはドーム、
夏場は重宝する、欠かせない商品
洗濯機の排水溝からの臭いがなくなった
お弁当に最適
これは使いやすい。
早く走れました!
戻る