DENONの高級ダイレクトドライブアナログプレーヤー
昭和57年製DENON DP-57Lからの買い換えです。
調子は良かったのですが、
ターンテーブルが暴走回転するのをビクビクしながら
音楽鑑賞する訳にもいかなく、
思い切ってネットで購入しました。


箱から出して見た第一印象が、
硬くて非常に作りのしっかりしたキャビネットで、
仕上げも綺麗で木の温もりを率直に感じました。

アームは超高級までとはいきませんが、
かなりの高感度設計となっており、
装脱着が簡単なユニバーサルタイプです。

ボタン類が押しやすく、
回転数ボタンのLEDがオレンジ色とグリーン色で分けられており、
とても鮮やかに光ます。

ターンテーブルのスタート、
ストップは敏速で感動しました。
モータートルクが非常に強力で、
ターンテーブルを指で押して
回転が落ち込み難くいのも、
大きな進歩だと思います。
ダイレクトドライブはメンテナンスフリーなので、
扱い易いです。


脚のインシュレーターは大型の物で見栄えも良く、
共振性に優れてるそうです。
下部がラバーなので滑り難いです。

触って高級感はあまり感じません。
水平調整時は廻すときに若干固いような気がします。

ターンテーブルシートは非常にホールド性に優れた設計で、
ディスクスタビライザーを載せると、

以前より反りが少し抑えられ、
レコード盤がシートに張り付いてるようにも見えます。


音質ですが、
DP-57Lとの比較しか出来ませんが、
分かり易いようにDP-1300MK2の付属のフォノケーブルで、

両機種、
同じカートリッジDL-103で聴き比べしてみました。

当初、
あまり差を感じなかったので、
あれ?と気落ちしましたが、
時間(エージング)と共に変化がありました。

劇的!とまではいきませんが、
高音域は聴こえなかった繊細な音が明確に聴き取れました。

低音域は若干、
ぼやけた音が一枚ベールを剥いだ印象です。
解像度に差は感じ取れませんでした。

DP-1300mk2に軍配が上がりますが、
DL-103はDP-57Lなどの世代であり、
またそのようにプレーヤーもチューニング設計されてあるはずなので
DENON DP-1300MK2 アナログレコードプレーヤー 木目

その他の感想

お値段以上イフミー
良い鞄や靴がどんなものかがわかって良かったかと思います
ヨーロッパの美しい陶磁器の変遷を辿りながら、しばし美術鑑賞を
バトスピ! 仮面ライダー! ベストマッチ! ニチアサのコラボレーション! イエーイ!
半分程度で十分
全てにおいて大満足【追記あり】
同社LD-GPAから全てLD-GPY、GPYTに交換
BENI is a diva whom Japan is proud of. :2
非常に良いものです。
旧シリーズとの違いを書きます。+購入から10か月後の追記。
カナル型耳穴差込口にビニールカバーあります。
2017-2018年のベスト映画!早期発売に感謝
43歳のオッサンです。
写真とは色目がちょっと違う
なんとか詐欺、迷惑電話のシャットアウトに。コードレスな子機を持って行きたいアナタに
なかなか、良いよ
堕ちる恐怖
腰痛対策に!
流石、日本のメーカーです。
小学生の息子でも一人で組み立てが可能
雰囲気
作りはしっかり
組織に雇用されないから自分の労働力には価値がない・・・?
やっぱりいいね。
天ボタン
ハートがじ〜んと(涙)
NBより大きい
マークシートに最適です!
バニラの風味が心地よい
画像が綺麗です
戻る