「悟り」に至るまでの「修行方法・心の成長過程」が一気に分かる!
 「沙門果経」は、
実在の人物、
マガタ国アジャータサットゥ王の「沙門果(出家することのメリット)はありますか?」という問いに対する、
お釈迦様の回答(教え)を、
「お経」として記録したものです。

 そして、
「本書」は、
主として上座仏教(ヴィパッサナー瞑想)を真剣に学ぶ者向けに、
(遠い異国における二千数百年前の出来事を記録した)「沙門果経」を、
(民族・習慣・時代も異なる現代日本に生きる我々が、
記述されている言動等の持つ本当の意味合いを理解できるように、
)当時の時代背景等を説明に加え、
かつ、
実際の生き方・瞑想修行に役立つポイントも明らかにしながら、
スマナサーラ長老が、
分かり易く解説したものです。


 「本書」を読んで一番印象に残ったのは、
「お釈迦様の教え方」の素晴らしさです。

 沙門果についての問いに回答する形を取りながらも、
「仏の教え」を、
論理的に一項目一項目、
王様に理解させながら、
「基礎の基礎」から最終目的地である「涅槃」まで、
一気に説明していきます。
(結局、
父親「ビンビサーラ王」を殺した(悪いカルマのある)アジャータサットゥ王は悟れなかったとされていますが、
)当時、
お釈迦様の教えを一度聞いただけで「悟る人」が多数いた、
というのも、
この「お経」を読むと納得できる気がします。


 ところで、
「本書」は「沙門果経」の解説書なので、
スマナサーラ長老の一般読者向け他著書と、
力点の置かれている項目が、
かなり違います。

 「六師外道」「遠離(おんり)の楽」「戒の防御」等、
今までの著書では余り触れられることの無かった項目について、
詳しく説明されています。
特に「神通力」については、
その「悟る」上においての意義はもちろん、
具体的な修行方法まで書かれており、
上座仏教を真剣に学んでいる者にとっては、
得られるものの多い一冊となっている、
ように思います。


 但し、
「本書」は比較的難解です。
「上座仏教(ヴィッパサナー瞑想)に関するある程度の知識」+「論理的思考力」がないと、
読みこなすのは、
かなり難しいでしょう。
沙門果経―仏道を歩む人は瞬時に幸福になる (初期仏教経典解説シリーズ)

その他の感想

うまいです!
締めるためのアーレンキーが・・・
英西・西英が必要なので辞書本体を購入しました。
高級感のある一品です
人感センサーの感度がとてもいい
すぐ味がなくなる。 ずっと噛んでいられません。
安い割には
使い分け自体は分かるけれど…
古すぎる
並です
24時間プログラムタイマーと組み合わせて夜間の暖房に。
急に必要になっても
ピンクベージュが可愛すぎた(♥Ü♥)↑↑
プーマショーツ
ゴミの件
延びるテープ、マジックの文字の食いつきも良い
モデルがよい
移動多い人にはお薦めです。
ESCAPE R3には付きません
充電池4本仕様
気持ちいいです。使い心地もしっくり。
欲望と差異を生み出す装置
まいった! 笑った! 助かった! 眼からウロコ!
「ネタ帳」あるいは「SF用語の基礎知識」
相変わらずお話が上手い!
大変美品です!
かろうじて 動作 本体側の切動作の不良
科学の絵本傑作です!
年甲斐もなく満足しています
YONEXに、はずれなし
戻る