チームでこそ発揮されるツール集
この本では、
「イノベーション」を「特定の時とコンテクストにおいて新しい、
実現可能なものを提供して、
ユーザーや企業に価値を生み出すこと」と定義し、
イノベーションを成功に導くための「4つのコア原則」を提示している。
もちろん、
成功に至る前には、
イノベーションが失敗原因である「4つの思い込み」を踏まえておかないと、
101種類も紹介されているメソッドは有効活用できない。


101のデザインメソッドは7つのモードに体系化されているので、
メソッドが多いにもかかわらず、
順を追って読むことで、
頭の中を整理しながらす読み進めることができる。
また、
一つ一つのメソッドには、
実際のプロジェクトでの活用例や内容、
進め方が短く、
しかし具体的に示されている。


例えば、
進め方は4~10ほどのステップで説明されている。
フィールド調査を実施したときは、
「インタビューを始める前に必要書類(注:許可証や情報開示合意書など)にサインしてもらい、
緊張をほぐし、
プロセスを説明し、
質問を受け付ける」や「相手の時間を尊重し、
適切であれば謝礼をする」など、
調査を進めるうえでの注意点なども記されている。


実用性のあるメソッドが多く示されている代わりに、
私たちたちが何気なく行っていることや似たようなものも、
独立したメソッドとして載っており、
もう少し絞ってもよいのでは、
という感も否めなくはない。


とはいえ、
本書がよくある問題解決のためのツール集と異なる点は、
「協働性」にある。
様々な分野の能力を持った人々が力を合わせることで、
組織にイノベーション文化を醸成させることができるツール集と言ってもいいだろう。


一度でなく、
何度も読み返すことで、
どのメソッドを組み合わせていけば個々のケースに対応できるか、
見通しが持てるようになるであろう。
常に手元に置いておいて損のない一冊である。


※今回、
英治出版の読者モニタープログラムにより無料で書籍を受け取りましたが、
良い評価を書くよう促されてはおらず、
レビューはあくまでも個人としての見解であることをお断りしておきます。
101デザインメソッド ―― 革新的な製品・サービスを生む「アイデアの道具箱」

その他の感想

満足!(^O^)
まずまずの東京案内
初級から中級へステップアップしたい方向け
容器に問題が
何冊か読んだあとに読むことをお勧めします
内容はかなり充実しています
ペンギン親子の冒険
XBOX ONEを購入するならぜひ買ってほしい1本
とても良い商品と思います。
カンタンです
今までの精神医学関係には類を見ない書
展開に期待
!!一番売れてる美顔器です!!
笛の音とともに流れる
細かに混ぜ込み出来ます
コレいいです!
車のタイヤ用に購入
今届きました
後半が雑になる
モノは大変良いのだが…
中々再販されない
これを読んで、体から発せられているメッセージを聞いてください
普通のマイクです
使いやすい、 ただし取り付けられれば
半分ほど使った感想は
抽出も後片付けも楽
ちょっとコツがありますね
感謝と感動
普通のタオルですね
子供がADHDかもしれないと悩んでいる親にとっては救いの一冊となるかも。
戻る