表象・イメージと絵画・音楽論、そして美学・感性論と科学・哲学
目次からして、
いろいろな切り口から楽しめる美術論です。

1 絵画論
 イメージの根源、
根源のイメージ
 思考するイメージ、
イメージする思考−セザンヌと解釈者たち
 「天使が何かするときのように行動せよ」−クレーの天使の余白に
 喪としての絵画−モランディの芸術
 灰色の魅惑、
あるいは色の震え
 作者を探せ!−ボルゲーゼ美術館と二人の目利き
’2 光、
色、

 光のエクリチュール、
あるいは破壊と誕生の美学
 「『すべての芸術は音楽の状態をあこがれる」再考
 愛のチューニング−「調律の図像学」のためのスケッチ
 ニュートンと画家たち−科学と芸術が出会うとき
 ムーサとセイレーン−声の魔力
’3 美学論=感性論
 バロックとネオバロック−モダンとポストモダンの狭間で
 「醜」と「崇高」−モダンとポストモダンを横断する美学的カテゴリー
 「メディウム」の行方
 メランコリーの星座−パノフスキー、
ベンヤミン、
アガンベン
 「昇華」とは何の謂いか?
各章立てにあるとおり「すべての芸術は音楽の状態をあこがれる」再考や、
中世と近代のかけ橋である科学者たちと啓蒙主義者たちの「ニュートンと画家たち」ヴィーコの「共通感覚」(「バロックとネオバロック」)アガンベンたちの必ずしも二項対立しない世界など、
じっくり深めながらも、
各論の入門書として詳しく楽しい一冊。
普段比較されないオランダとイタリアの絵が並んでいたり、
やわらかな感性で広く深く美術めぐりができます。
美術館に行きたいが、
レクチャーを聴きたいが、
行く時間が・・・という方に、
絵画や芸術を普段と違った見方から、
より深く広く鑑賞したい方へ、
おすすめの一冊です。
イメージの根源へ: 思考のイメージ論的転回

その他の感想

高っ! けれど納得
見映えがいい、汚れも簡単に落ちる
詰め替えが欲しいところ
BABYMETALの半公式機関誌
超面白い!
れんちょん
仕事で
例えるなら「1」は切れ味抜群のナイフ、「2」は砥石。
トレリスで庭がグレードアップ
玄米と混ぜて炊くともちもちになる
こんなのがあればよかったを実現
夏山シーズンに使ってみました
育てるフライパン。癖もあるし手入れも必要だけど素敵な道具
邦人による洋楽カバーの極み
一作目との大胆な差別化
商品説明に不足あり
価格が安い分最悪
後方にもカメラがあるのがいい。
写真撮るのが楽しくなる!
充分においしいです。
首振りのモーター音が・・・・・
ステサンの製品評価は今や信じがたい
ロガーがこんなに安価で手に入るなんて
ワードワイズとは使い勝手が違うが・・・
三種類の調理方に挑戦結果は
多様な響きの紹介に終始
小学校の劇で使用
恋心の切なさ、不思議さ!
いいお値段。
浮気できません。
戻る