ロシア語版原典からの初めての邦訳
 『カメラ・オブスクーラ』(1933)は、
ナボコフが33歳のときにロシア語で書いた小説ですが、
これまでの邦訳書である川崎竹一訳『マグダ』(1960)はフランス語訳からの重訳、
篠田一士訳『マルゴ』(1967)はナボコフ自らが英訳したバージョンからの訳であり、
ロシア語版原典の翻訳は本書が初めてということになります。

 美しい少女と中年男の関係をめぐって展開される『カメラ・オブスクーラ』は、
筋からしてナボコフの代表作『ロリータ』を思わせますが、
他にも類似点が少なくなく、
1955年に発表される『ロリータ』の原型的小説と言えるでしょう。

 『ロリータ』や他の後期作品に比べると、
ずいぶん読みやすい作品なので、
『青白い炎』や『アーダ』などの難解さに接してナボコフに苦手意識を抱いた人にも、
楽しめる内容ではないかと思います。

 もっともそれは、
熱心なナボコフファンには物足りないといった意味ではありません。
緻密な細部の描写や巧妙に運ばれるプロットなどはお手の物で、
私はナボコフらしい独特の言い回しに出くわすたびに、
「ああ、
ナボコフの小説だ」と嬉しくなって、
思わず何度もほくそえんでしまいました。
カメラ・オブスクーラ (光文社古典新訳文庫)

その他の感想

国家試験用に
おもしろくて、うれしくて、かなしい。
更なる飛翔…Flying Arrow Flying High Again!
あまりの可愛いさに、思う。
調味料ビン
アメカジ&ワークスタイルにピッタリ!!
特典はいいが
速攻で活用
ホールドが格段によくなった
取り替え簡単です
30cmのバッシュ用
機能追加でお得感あり。
車の中のMPケーブルに使用
2018年9月16日をもって引退。常に全力で最高のパフォーマンスを見せてくれます。結構オススメのライブです。
感度が良いです
冷蔵庫がない
このお値段なら妥当
つかみやすい
手回し充電して、たまに使用しています。
商品には満足ですが…
地理のお勉強
老猫の寒さ対策として
切れ味はいいです。
どうせなら飲み口もコーティングを
ライセンス認証が楽でした。
トコちゃんベルト併用しています
かなり明るくて好印象! 人感センサー付の照明でも使えました
ソフトバンクの参謀
新詳高等地図
普通に使用可能
戻る