とても素敵な本
岩波の分厚い「体系本」を三週間ほどかかって隅々まで完読し、
さすがに頭が朦朧となっていた時、
この薄っぺらな文庫本を知り、
たいして期待もせず購入。
しかし、
あにはからんや! 巻頭の「はじめに」から寝っころがって読み進めてゆくにつれ、
朦朧とした頭が、
霞が晴れるようにすっきり!「古今集」千百首のうち、
わずか七十首の抜粋ですが、
本文の漢字にはすべて振り仮名が付され、
口語訳も実にこなれたもの。
「体系本」の日本語にもなっていないような訳のわからない訳文(掛詞や序詞などを強引に押し込もうとするあまり)にうんざり(こういうことは和歌の訳文にありがちなんですが)していたのとは天と地の違い!解説も実にわかりやすく、
「紀貫之と紀友則」「見立て」「読み人知らず」「梅の香と桜」「掛詞と縁語」「屏風歌」など21項目に及ぶコラムなど分厚い「体系本」でも味わえない内容の豊かさ!
なにより、
解説文の何ともいえない柔らかな筆遣いが頭をすっきり!筆者の思いが伝わってきます。
巻末の「解説」も「古今集」の成立過程や特色・歌風、
その後への影響、
参考文献などコンパクトながら実にわかりやすく、
アカデミックな「体系本」の重厚な解説も吹っ飛びます。
随所の写真や絵も心を和ませてくれます。
この本を手にし読んで心動かさぬ人は、
木石のような人でしょう。
選択した歌にはいろいろ異論もあるかとは思いますが(私もこの歌を取り上げて欲しかった。
なぜこんな歌を、
と思うことしばしばでしたが)そこはそれ、
あ!こんな見方や思いもあったのだ、
と我が身の至らなさを感じることしきり…。
読み始めて一週間で十一回再読し掲載の七十首を諳んじるほどになりました。
コーヒー一杯の価格でこの豊かさ、
万人にお薦め!
古今和歌集 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

その他の感想

チームエディーのコメントが素敵でした
バグありすぎです
お湯割りが美味しい
お肌つるつる!!
過去最低の出来
ベタベタしない!
あのJBLが、安いしびっくりしました。期待どおりの製品でした
案外スラスラ読めた
走行中に落下しました。
ガレット!
ケレンなし、堂々の名作
害獣撃退
ヨネダ流・男の《可愛い》ところ
堅実で地味な作品
ハンドリングしやすい
いい店です
これ、良い。
良かったのよ
大きなすり傷に使用。傷にくっつかない。
やっと出たので購入しました。
使用後が気にならない
活用
子供が欲しがるドラゴンボールカレンダー
塗装前処理の必需品
注意が必要
ビル解体業に従事するマリオ兄弟。ゲーム内容は「パズル」
大型特殊車両の操舵を忘れないために最適
本物は違うぜ
これからの年金に過大な期待をしてはならない
戻る