ショートゲームで精度を発揮する
GPSのショットナビを使っていたが、
ショートホールで同じ機種を使っている人と比べた時、
表示が10ヤードも違っていたことに愕然として、
こちらのレーザー距離計を購入した。
高低差を含めて測距できる機種とどちらを買うか迷ったが、
値段が1万円近く違うのと、
同じく高低差を測距できないショットナビで高低差機能の無いことで不便は無かったのでこちらの商品を選んだ。


36ホールで使ってみた結果を記述してみた。


<レーザーがショットナビに勝る点>
・150ヤード以内であれば信頼できる。
特に100ヤード以内のショートゲームでは距離の迷いは生じない。

・ハザードやOBまでの距離を直接測れる。


<レーザーの不満>
・測距までに8秒かかる。
打順が早いとスロープレーになる恐れあり。

・100ヤードを超えると手ぶれでピンを捉えるのが難しくなってくる。
150ヤードを超えると測距に自信を持てない。

・ブラインドや打ち上げでピンが見えない場合は当然、
測距できない。


<ショットナビがレーザーに勝る点>
・グリーンがブラインドになって見えないようなシチュエーションでも測離できる。

・歩きながらでもリアルタイムにグリーンまでの距離が測れる。
(レーザーは静止していないと測れない)
・小さいのでポケットに入る。

・安い。
(8千円くらい)

<ショットナビの不満>
・上述の通り、
短い距離でも測距が怪しい場合がある。
実際、
グリーンの真ん中に立っても「0ヤード」にはならない。

・ポケットに入れていると勝手にスイッチが切れることがある。
コースを再表示させるまでに時間がかかり、
自分の打順までに間に合わないことが何度もあった。

・隣のホールのグリーンが近いと、
そこまでの距離を出している場合がある。
(実際にはあり得ない距離なので間違えることはないが、
元に戻す操作が面倒)
・電池の切れるのが早い。
(MAXで36ホール持つか持たないか)
Nikon 携帯型レーザー距離計 COOLSHOT 20 LCS20

その他の感想

WiMAXと
アーシング線切り用に購入
何度聴いても飽きない、本当に
概ね満足。しかしコストダウンが目立つ
つい欲を出して後悔してます
低価格でコンパクト
冬場や雨の日などに
買って損はしません。
どうせなら
現時点では、ベストです。
不易流行
栓の開け閉めがGU-
お値段からすればいい感じかと思います。
今号は保存版イラスト集!!
知人が持っていたので・・・
表示に間違いあり
安心感が違います。PHANTOM 2使用の方はご注意!
事実をと断言するなら出典をしめすべき
待ってました、増田さん。 久しぶりの出版ですので、「満を持して」でしょうかね?
この値段で日本製
一箱で揃いませんでした
そうめんつかみに
ん~~~起動時間が長すぎる・・コレがなければ最強コスト!
耐久性がありそうです。
批判の記事が多い
しょうもない
やはりこの翻訳がいい・・・・
BURAとSETで・・・ 上役さんkara だよ~
使い勝手の良いマット。掃除も簡単。
TNでは最高の出来
戻る