逐語訳
著者はあとがきでこう記す。

「(さまざまな日本語訳がでている現在に)ここで新たな訳を加える意味はと考えますと、
(中略)やはりこの対訳ライブラリーでの基本方針にしてきた逐語訳、
原文に忠実に、
原文に何も加えず、
引かず、
原文の各行ごとにそれに対応する日本語を付していくという先例のない作業を試みることです。
(中略)ただ言語体系の異なる二か国語のあいだの逐語的変換はむずかしく、
訳語が不自然で意味も取りにくくなってしまいます。
読みづらいとお叱りを受けそうですが、
私としては、
この対訳は原文をそのままに知っていただくことが主眼・・・(以下略)」

とおっしゃる通り、
意味が取りにくいです。
例えば、
フィガロのカヴァティーナ「もし踊られたくば」では、


Meglio ogni arcano   すべての秘密は、
よりよく、

Dissimulando      しらばくれている方が
Scoprir potro’     暴けるというものだ!

まるで、
パソコンの翻訳サービスのようです。
よりよくしらばくれるってなんでしょうか?
(ちなみにこの部分、
アバド盤に付属の武石英夫氏の訳では、
2行→3行→1行の順に並び替えて、
「いやいや、
すっとぼけているほうが/秘密をすっかり暴くのには/都合がよさそうだ」となっています。
どっちがわかりやすいかは、
明瞭です。


逐語訳を意図して、
訳が改行をまたがないのはわかるんですが、
ここでの改行はひとつの文のなかで行われています。
こんなふうに訳していたら、
文意の取り間違えが起こらないほうが不思議です。


ちなみに僕は語学の勉強をかねて辞書を引きながら読んでいますが、
参考になりません。
(辞書をひけば単語はでるので、
逐語なら簡単にわかるんです。


というわけで、
だいたいわかればいい人にも、
語学派にも、
おすすめできません。
小瀬村先生の訳が悪いというより、
コンセプトが失敗していると思います。
 
モーツァルト フィガロの結婚 (オペラ対訳ライブラリー)

その他の感想

大変気に入ってくれました。
明るい観念論と暗い観念論
写真通りの色
つけやすいです。
共感してもらえるということ
色が少なすぎます!!!
ほんとに2E?
縫製があまいようです
安定の性能
チクショー
読み始めたら一気に読んでしまいました。
もう一歩なんだよなぁ・・・
幻の名著の再デビュー、ほんとうに待っていました。
あわせて購入のシステムに手間取りましたが・・・
腰をやってしまいまして、、
カップケーキ・ダイアリー
3E相当は助かります
値段以上の価値が十分あり!
雑誌で読んでる
管理会計の基本を教えてもらえます
ナット・キングコールの歌唱曲を知りたかった。
男用バージョンも欲しい!お願いします!
まさに百科事典のような本
他と比較してもこちらが値段的に大変お得でした。
なるべく低価格な物で
万物の源はクマである
初代に続くSimCityの完成形★
心が浄化される!!!!!!!
絶対に卑劣な言論弾圧に屈してはならない
書影にひかれて購入
戻る