あの頃この詩に出会えた人生に感謝したい
 1974年(昭和49年)4月、
私は名古屋の小学校の5年生でした。
新しい担任の河井先生は新学期を迎えるにあたって、
長文の詩を書いた横長の模造紙を私たちの教室に貼りました。
その詩の題名は、
「教室はまちがうところだ」。


 きちんと生きること、
正しくあることを日々言われて育った10歳児の私たちにとって、
あたかも悪魔のささやきであるかのような題名をもったこの詩はとても大きな驚きを与えるものでした。

 私たちはこの詩を毎日眺めながらその後の2年間を生きました。
自分の発言が間違っていたらどうしよう、
友達に笑われたらどうしよう、
と臆すことばかりが身についてしまっていた私たちは、
この詩に勇気づけられるように教室の中で数え切れないほどの<間違い>をしていきました。
自分の思ったこと、
考えたことを皆が積極的に発言していく中で、
他人の考えを尊重するということの意味を知り、
そして私たちはほんのちょっぴり成長して小学校を卒業したのです。


 他人の目を気にすることと、
出る杭は打たれるということばかりを賢(さか)しらに学びながら生きる日本の子供たちにとって、
この詩がもたらす福音は計り知れないのではないでしょうか。

 私も、
そしておそらく私のかつての級友の多くも、
その後の人生で折りに触れてこの詩が教えてくれた勇気を思い返して生きていると信じます。


 あれから30年。
今年、
私たちの担任だった河井先生は定年退職をされ、
同時に「教室はまちがうところだ」が楽しい絵本になったことをアマゾンのサイトが私に知らせてくれました。
縁(えにし)というものを感じないではいられません。

 言葉で編み上げた作品が、
読者の人生を大きく方向付けることがあります。
私たちにとってそうした力をもった作品のひとつがこの「教室はまちがうところだ」です。

 だからこそこの詩と引き合わせてくれた担任の先生と、
この詩に巡りあえた自分の人生に感謝をしたいのです。
教室はまちがうところだ

その他の感想

切りやすく貼りやすい
楽しいごっこ遊びができます
愛犬のお気に入りおもちゃとなってます!
SURF&SNOW Volume2
母国インドへの愛情があふれてる!!
調光???
値段を考えれば充分満足です
初級者は気象学を易しく学ぶことができ、中級者は易しく解説する仕方を学べる
著者一推しの風雅の書
可も無く不可も無し
私の知ってる『少年の日の思い出』じゃない…
タイトル通り、膨大なチーズを網羅した図鑑でした
感動する
紫じゃなくてほぼ白です(苦笑
詰めるゲーム。
70代の母が使用
全ページカラーで見やすい
80枚程、使用しましたのでレビューします♪
やっと面白くなってきました
とても簡潔で理解しやすい。
予習
思いのほか気難しいカワイコちゃん
このサイズは折れやすくて歯磨きにならないですが
解法をアルゴリズムで示して答えとする、というおもしろいパズル
至極真っ当な本
-----------------------------------------
最近の写真との対比が面白い
さあ、能楽へのご招待
計測はや!
汗っかきの赤ちゃんにピッタリ
戻る