一般的なデジタル信号処理の勉強にもなる
 主として、
脳波信号および筋電信号を扱う。
信号入力部は、
できる限り簡単にして、
mbedのソフトで頑張ろうという方法である。

 脳波信号にせよ、
筋電信号にせよ、
人体に影響せずに信号を取り出せるのは微小信号である。
つまり、
ノイズだらけの信号だ。
その中から、
所望の信号をソフトウエア処理で取り出すための道具はデジタル信号処理である。
本特集のかなりの部分は、
このデジタル信号処理の解説である。

 取り上げている例の生体信号は少し特殊な例だが、
デジタル信号処理の部分は、
バンドバスフィルタ、
ノッチフィルタ、
平滑化などの技術であり、
生体処理だけでなく一般的な信号処理でも使える技術である。
生体処理に興味のある人だけでなく、
デジタル信号処理そのものの勉強にもなると思う。
Interface(インターフェース) 2015年 04 月号

その他の感想

この価格でこの音は驚き!
例文のチョイスがおもしろい
amazonはなんでもあります。
去年買ってとても効果あったのでリピ
生地が柔らかすぎる。
W01の予備機として、W01と比較して
安いうちに
更新試験用に購入しました
CPの良い一冊
非常にいい
始まり
FY-G4手持ちジンバルではノイズを拾う
HGやBB、HCMPro、MIAなどに最適!
職場の整理用で
非常にコストパフォーマンスが良く、そこそこの精度で測定できます
必要最小限の長さで使えるのがいいですね
外形(公称25mm)が大きくてダイス・ハンドルに嵌らない
東大志望者には絶大なる一冊
かっこいいけど使用目的によってはコツがいります
DJデミオ リアバンパーリフレクター用に
購入してまだ1月も経たないのに破れてしまいました。
FEVERの名のわりに…
かにぼっと
エフェクト
網目の保護カバー、赤ちゃん安全
ティーパックがよい!
あなたの文章「買わせる」内容になっていますか?
画像で見る以上に実物はカッコイイ
ひらがなが多すぎて残念・・・。
配送がヤマトなら星5つ
戻る