時空を超えたインテリジェンス
1939年、
ドイツのポーランド侵攻を機に、
欧州大戦が勃発した。
リトアニアには多くのポーランド系ユダヤ人が逃れており、
反ユダヤ思想の強いソ連において非常に危険な事態におかれていた。
その状況下において、
日本を通過してアメリカなどに逃げれることを希望した避難民に、
数千通もの通過ヴィザを発給した人物、
それが杉原千畝である。
後に「命のヴィザ」と称されたその功績は、
国際的にも高く評価され、
イスラエルから日本人として唯一の勲章が贈られたという。
本書はそんなヒューマニストとして名高い杉原千畝を、
諜報家としての側面から分析した一冊である。


◆本書の目次
プロローグ:杉原の耳は長かった
第一章  :インテリジェンス:オフィサー誕生す
第二章  :満州国外交部と北満州鉄道譲渡交渉
第三章  :ソ連入国拒否という謎
第四章  :バルト海のほとりへ
第五章  :リトアニア諜報網
第六章  :「命のビザ」の謎に迫る
第七章  :凄腕外交官の真骨頂
エピローグ:インテリジェンス・オフィサーの無念

「諜報」とはインテリジェンスの和訳であり、
「地道に情報網を構築し、
その網にかかった情報を精査して、
未来を予測していく。
そしてさらに一歩踏み込んで予想される未来において最善な道を模索する」ということである。
「謀略」と誤解されることが多いが、
「謀略」は未来を都合の良い方向へ強引にねじ曲げるものであり、
「諜報」とはむしろ正反対にある。


杉原を一躍有名にした「命のヴィザ」については、
今を持って謎が多いという。
外務省と杉原との電報のやり取りに不可解な点があまりにも多いのだ。
数の不一致、
一度ヴィザが発給された人物への謎の照会、
返信までの間隔の開き。
そして、
その謎は、
当時ドイツとの同盟関係にあった日本の外務本省を欺くための「アリバイ工作」であったことが本書によって導かれる。
彼のインテリジェンス活動の本領は、
自国の官僚組織に対して発揮されたのである。


それにしても、
そこまでの危険を負いながらも、
杉原をビザ発給へと決断させたものは何だったのだろうか。
重要なヒントが「決断 外交官の回想」という手記に記されている。
諜報の天才 杉原千畝(新潮選書)

その他の感想

マスターマインド:シャーロックホームズ
指定外の除湿器に使用したものの問題なし
充電バッチリ
PS3
またまた傑作!!!
人間と動物の狭間で
(母)親の覚悟・努力と1万時間の法則
大変気に入って遊んでます。
4か月で壊れてしまいました
ライトの色が・・・
注文したものと違うものが届きました(怒)
一世紀を経てもなお光り輝く良書です。
コストコ初心者向け
お茶目
初心者のベスト版
Lego Mindstorms EV3のアイデアの補充に最適です
満足、リピーターです。
とてもかわいい、そして上品。
5.5インチスマホに貼ってみました
使用するカメラメーカーには注意
これぞ真剣勝負! 燃える闘魂、力出し尽くす。 
一眼レフカメラふいるたー
気になる点が一つ
袋無し
本来のVGA画質ではない
”対応アプリ”上で使う事によって真価を発揮するペンです。公式サイトを一度読み確認してから買った方がいいです。
死亡通知
定番中の定番的な心霊体験マンガ
大変いい商品でした。
手首に負担がかからない優れもの
戻る