イタリアの図書館改革
イタリアの図書館改革について書かれた本です。
原著2009年刊。
今までにないタイプの欧米図書館紹介だと思います。


1章では、
この本が全く初めてというわけではないのかもしれませんが、
ヨーロッパの図書館の実態がよくわかりました。

よくある欧米を美化した図書館紹介ものには、
以前から以下のような疑問を感じてきたのですが、
それらがかなり氷解しました。


・米英やプロテスタント圏に偏る欧米図書館紹介、
賛美
→ 聖書の自主講読の伝統があるプロテスタント圏とカトリック圏では読書の伝統が大きく異なるという指摘。
この本では後者のイタリアの事例で、
日本とよく似ている点が散見される。
日本だけが先進国中で図書館政策が遅れていたわけではない。

(フランスの図書館は2008年まで、
日曜閉館が当たり前、
日曜開館しようとしたらストライキが起きたそうです)

・階級の問題。
階級社会ヨーロッパで、
誰もが同じように平等に図書館を利用しているというような紹介は本当か?
→ 図書館という舞台装置が労働者階級から見て、
自分たちとは縁のない場所と感じさせてしまう現象が確かにある。
また壮麗で知的な感じの図書館建築がそのような傾向を助長している例を挙げている。
イタリアで中高生からの利用が減少するのも、
労働者=非進学組が利用しなくなるため。


・統計は本当に正確なのか?
→ 様々な不正確な統計。
1割ほどのヘビーユーザーが統計を押し上げている現実がある。


そして2章以降、
ネット社会、
イタリアの教育の現実、
高齢化などをふまえ、
著者の図書館実践について記載しています。

キーワードは、
広場、
スーパーマーケット、
標識、
座る場所・・・などなど。


もと千代田区立図書館長の柳与志夫による解説付きです。
日本の場合は、
あまりにも大衆化・貸出至上主義化した図書館を、
知のスペースとする改革であり、
イタリアとは逆方向だが目指す地点は同じでは、
としています。
知の広場――図書館と自由

その他の感想

政府機関の振りをした民間金融機関(多国籍金融グループ機関)
簡単すっきりコンパクト!秀逸なスラックスハンガー
伸びる感じがします。
割と簡単に読めて面白い一冊
やっぱり美味しい!
PS3初の電車でGO!だが初めてやるには難しめ
こういう英会話の本が好き
一年半、野ざらしで使用。穴などなし。
筋トレ革命
お手頃価格の力持ち
可愛いし、見応えがあります!
オシャレ中心
仕様が変わりました
二回目のレビュー
海淘的,掉在海~
らくらく水換え
バイク磨きに!
ギロックのピアノ小品のきらめき
女性も似合う
最悪だー。
料理が楽しくなる
導入として最高峰
オススメ商品です!
意外と薄い。軽い。
環境音との融和が生んだ音のリアリティ
時事問題対策としては良本
リストレストの重要性
さすが上妻さん…
これはお勧め。
同型艦の無いキット化に脱帽
戻る