何のアナウンスもないまま3カ月も遅れて発売されたものの・・・
特集は「ホンダ」。

第1期から3期までのスタッフ5名によるインタビューと、
歴代マシンの写真で構成されている。

まず、
この本が発売された時点で今シーズンも既に2戦が終了しているのにもかかわらず、
今期のマシンであるマクラーレン・ホンダMP4−30の写真が開幕前のテスト走行時のものだけというのは、
あまりにも情報の遅れが過ぎる。

また、
全88ページに対してインタビュー記事が26ページもあり、
従来からの写真情報誌からの脱却が増々加速している感がある。

しかも紙面が無駄に大きいため、
ひたすらに文字だけを読ませるにはあまりにも不適当。

年4冊の刊行ペース(今年はおそらく3冊)で1冊を丸々ホンダ特集にするのも、
過去のマシンを掲載することの方がが販売につながるであろうことは容易に想像できる。

今後もこれは続くと思われるが、
同一車種が何冊にもわたって掲載されるのは非常に不便極まりない。

このあたりもモデラーの使い勝手を無視している。

歴代マシンの写真も既にネタ切れでチョイスが酷過ぎて、
ただ載せればいいとしか思えないものが多数ある。

挙句の果てに、
もはやF1とは関係のないレッドブル・エアレースに6ページも割いており、
無駄な紙面構成が悪化している。


今号は1月上旬の発売予定だったが、
発売の遅れについて何のアナウンスもないまま3カ月も遅れて突然発売となった。

2月に入った頃にはさすがにとうとう廃刊になったかと思ったが、
ここ数年の紙面内容やサイズ拡大で扱いが面倒になったことから廃刊だとしても大して残念にも思わなかった。

発売されてみたものの、
遅れた件には一切触れられていないというのも配慮が欠けている。

次号は7月上旬発売予定となっているが、
これも怪しいものだ。


<写真掲載車両>
MP4−30、
RA271、
RA272、
FW10/FW10B、
FW11B、
MP4/4、
MP4/5、
MP4/5B、
MP4/6、
MP4/7A、
JS43、
RA106
F1モデリング v.61―For Scale Auto Enthusiast 特集:僕らのホンダ新井康久/佐野彰一/桜井淑敏/木内健雄/白

その他の感想

60W対応としてはジャストフィット過ぎて、きつい感じです。
すぐに割れます
英熟語
金属製より便利かも
検討して見ました
My daughter loves it
楽しめるエピジェネティクス入門〜生命現象の基礎理解踏まえ事例にも留意
近所のナチュラルローソンでは1300円
美咲と秋彦が大好き
期待通りの味
最高の使い勝手です。
子供(小学1年生)の練習
素晴らしい出来!
遅かれ早かれ死から免れないという状況の中で、善く生きるということは何なのか
どこから読んでも役に立つ。
無敵のダニー・トレホ
臨時増刊号 トピックス
見逃せるはずはありません。
サクッと読める一冊
福田氏の訳が神懸かり的に素晴らしい
確かな差が出る便利さ
しっかりした作りです 
蚊の攻撃からプロテクト
役にたちました。
買い損はなし
大会の結果が、、、
スペックは高いがまだ発展途上か
ジャンゴの教本色々買いましたが これがベストかな
7mm厚という名の壁。
boxと特典を分けて欲しい。
戻る