購入の経緯と上品・下位機種との比較、使用感
これの下位機種(T200?)が店頭で二千円くらいで安く売っており、
オープンエアーのヘッドホンってどんなもんなんだろうと思い購入してみました。
音の抜けが良い分より自然に聞こえるのです。
例えるなら、
今までは耳元で鳴っていた音が部屋で鳴っている音に感じられるといえばよいでしょうか。
これまでの密閉型・カナル型のヘッドホン・イヤホンになれた自分にとっては結構衝撃でした。
低価格帯の性か音によってはビビりを感じましたが、
使用感がとても気に入り、
あまり購入から時間は経っていませんでしたが上位機種の購入を検討し始めました。
店頭で試聴したところ、
これの一つずつ上位・下位機種(700X,500?)としばらく迷いました。
コスパ的には500も捨てがたかったのですが、
決め手は対応音域でした。
500は500Xよりも低音域の対応音域がわずかに狭かったので、
より多くの曲を聴き分けられるこちらを選びました。
700Xは低音域の対応音域は同じで、
高音の方もよく出るようでしたが、
店頭の試聴音楽ではシャンシャンうるさい感じがしました。
良くいえば500Xはその辺が上品に押さえられてる感じで好感がもてました。
自分は中低音の方を重視しているので、
人によってはそれがこもっている感じがするという評価になるかもしれません。
けど最近のプレイヤーはイコライザーついてますし、
その辺はいくらでも調節可能だと思います。
今は日頃聴いている音楽でエージングしている最中ですが、
使用感がさらにいいです。
頭のパットが頭の大きさ・姿勢に関係なくフィットし、
寝ながらつけていても翌朝耳が痛くなっていない程イヤーパッドもゆったりとしています。
オープンエアー型ということで音漏れはそれなりにあるので室内使いが基本だと思いますが、
コード長は3mと余裕があるのでテレビにつないだり、
アンプにつないでギターを弾くにも余裕があります。
とても満足のいく買い物になりました。
長文になってしまって申し訳ありませんでしたが、
ご参考になれば幸いです。
0
audio-technica AIR ダイナミックヘッドホン ATH-AD500X

その他の感想

う~ん、いらつくレベル
5人が産み出す化学反応
元箱が要ります。
メンズだけど
ほんもののイタリアの家庭料理
おせっかいで素敵な神々
商品を受け取って・・・
新品を買った筈なのだが??
後悔はしていない
デスクトップに置くニアフィールド用スピーカーとして
アーティスト・岡本太郎
ポットの耐久に難あり
小さくても優れもの! あると便利。
スタンダードな商品かと
ポルシェ996の充電に使えました。
写真詐欺
iPod Touch 1stで使用しています。
Same delicious taste
値段は高いが中身も高度な実務用のマニュアル辞典
実家用に購入しました。
楽々ポンプだった
汚れがサッと取れる
よく噛むけど
オーディオに対する深い愛のたまもの?
SK11 L型アングルドライバー ANG-1
茶葉を気楽に淹れられて便利
青春
もっと早く実践すればよかった!!
掲載通り
素晴らしく元気な、うちの相棒
戻る