直木賞も頷ける
正直、
何故ここまで批判されているのか分からない。
この作品はもっと評価されていいと思うし、
直木賞受賞も頷ける。

どの本にもは必ず作家の≪癖≫が出る。

色濃い個性で書かれてる作品もあれば漠然とでしか意識できない作品もある。

≪月と蟹≫も然り。
道尾秀介の≪癖≫が出ている作品にもかかわらず、
私には他の誰かが書いたのではと節々感じました。

確かに物語の波は浅いが起承転結とともに整っており、
その分作者が言い表せるありったけの表現でリアルで繊細な文体に仕上がっています。

このような作品を生み出せるのは恐らく道尾秀介だけでしょう。

ただ、
感情移入としては個人差がありますし、
人によっては一体なにを伝えたいか分からないでしょう。

しかし、
道尾秀介での作品では稀にみるミステリーでもサスペンスでもないこれは小さな世界で広げられる社会や人間の脆さを描いた一種の風刺小説に属すると思います。

長文失礼。
月と蟹 (文春文庫)

その他の感想

問題ありませんでした。
肉の質はいまいちですが・・・
幅広の靴、軽さ、防水性、保温性を持った良い靴です
発見しました!
中古を買いました
思いのほか・・・
『少しばかり破廉恥』て(笑)
フジカハイペットにピッタリ。送料のかかるコーナンゴトクの代替としてピタリ
じりじり進む爽快感
格好良くて手頃な値段
シーンを選ばず使えるダイバーズ
古いレグザでも動作しました。電源連動節電機能が便利
一粒で・・・
バランスの良い1/4λ(アンテナは大切です)
茶釜だけ
学校指定の絵の具
買ってはいけない!20cmフライパン 
柑橘系で爽やか
商品説明をきちんとしてほしい
XL1200Xには、これが無いと付きません
コンセプトワンステップから切り替え
プレゼントには不向き
首が伸びて、ロングロングテイになる。
栄養のメカニズムがよく分かる
匂いは、とてもいいです!
効果はありますが、完全ではないです
幸せな結婚式
不安があったのですが…
シンプルで見やすい!
安定感のある続編
戻る