約20年ぶりにアナログ音源を聴きました!
4月発売直後からいきなり在庫切れになってしまった、
話題のアナログプレーヤーをやっと入手しました。
USB端子を搭載している点が最大の特徴で、
アナログデータをデジタルデータに変換し、
パソコンにダイレクトに取り込むことができます。
音楽編集ソフトとしてはSONYの「Sound Forge Audio Studio LE」がついています。
内包CDを使ってソフトをインストールすると、
特別な機器を用意することなく、
その日のうちに「アナログ→デジタル変換」がスタートできます。
もちろん、
取り込んだデータはMP3などに変換できるので、
CDに焼いたり、
iPodなどにも転送可能です。


この手のデジタル変換機能付きのレコードプレーヤーは、
DJ向けに数台存在していましたが、
やはり一般的とは言えませんでした。
また、
市販ソフトで何種類か販売されていますが、
どれも「帯に長し、
たすきに…」という感じでした。
何と言っても「オールインワン」で作業が可能なのがポイント。


CDが世に出てから約30年、
個人的には20年前くらいにアナログプレーヤーを処分してしまったので、
以来、
アナログ音源は眠ったままになっていました。
当時、
ほとんどの人が思ったのが「そのうちCD化されるから大丈夫」。
ところが、
大丈夫だなんてとても言えません。
有名なところでは、
ビートルズの「ハリウッド・ホールのライブ」や「ハンブルグ時代のライブ」があげられますし、
個人的にはプロデューサー・アイヒャー氏とリッチー・バイラークの確執でお蔵入りになってしまったECMの名盤あたりが思い浮かびます。
どちらにしても、
約20年ぶりの「再会」で、
久しぶりに感動してしまいました。


プレーヤーとしては、
おそらく最もベーシックなタイプで、
全体に軽くてかなり華奢な感じ。
したがって振動や共鳴などには神経を使います(デジタルどっぷり生活が長いと、
そんな基本も忘れていました)。
しかも音楽編集ソフトも簡易版。
したがって高度なものを求める人には物足りないと思います。
でも、
「眠っているアナログをいま聴きたい」「LP音源を通勤中に聴きたい」という人には、
うってつけだと思います。
0
ソニー ステレオレコードプレーヤー PS-LX300USB

その他の感想

辞典
思ってたより薄い
ピンのサイズが大小あるのは便利かも。
ホントに大きくてゆったりしています。
教科書・成書にあたる前の「基本のき」が得られる
確かに!(コンサルティングという仕事)「ほんとうに知っておきべきこと」
ハンディタイプの野鳥図鑑
駆動力が高く、クッキリハッキリ高解像な音
オーデション
王さんの言葉
良いお品です!
ディズニーの商品はやっぱりいい!
サイズアップで買うといいと思います
買う前に必ず考えて決めてほしい!
この価格でクオリティはまずまず。案外色々な場面で使えると思います。
ノートに便利!! 速記入門
引き伸ばしと思われがちですが
問題なくキッチリと装着
いろ
一人暮らし用
これは暖かい
距離・安定性・速度 において最強かと思います
プリウス用に
固まる前の油汚れに。
身近に感じられる「近未来」、、です
よく落ちますが、少し扱いにくいです
これで三代目です。
雑誌ではなくAmazonの問題
まだ幸せになれるんだって思えた。
軟便になりました。
戻る