日本はなぜ核武装しなかったかが分かる本
 本書はサントリー文芸賞受賞作である。
読み応えがある一冊である。

 1964年中国が最初の核実験に成功すると、
当時の佐藤政権は日本は核武装すべきか相当悩んだとされている。
米国は日本に核武装を思いとどまらせようと、
日米安保条約締結強化、
核の傘の提供を行い、
佐藤首相は世論の核アレルギー、
政治コスト、
経済成長重視などを考慮し、
核武装を断念する。
その代わりに、
日本は米国に宇宙開発を認めさせるのは興味深い。

 原子力は莫大なエネルギーを発生させるが、
核兵器にも原子力発電にも使えるので国家の発展を目指す「為政者」にとっては魅力的な技術である。

 今、
日本で減原発依存が議論されているが、
原子力に依存しない電力を開発するから原子力を放棄するという単純な話ではない。
中国の台頭と米国の退潮が懸念される中で、
核武装の議論は再び政治課題となってくる可能性が大きい。

 
核兵器と日米関係―アメリカの核不拡散外交と日本の選択1960-1976 (フロンティア現代史) (フロンティア現代史)

その他の感想

美女と野獣って…もう満腹なんですが…。
こだわりの細部、モデルドールはmomokoだけ
すごく安いのにとても丈夫です!
これから買う方はご注意!
白腐乳の辛い版
ベルトがすぐ外れた
使いやすいようです。
パッと見オサレ…風。
もう少しフィット感が欲しい
QUEENのファン以外にもおすすめ
仕事着に最高!
防水性能があると究極
色が気に入っています!
悲しい・哀しい・かなしい物語
とても速いです
無灯火のスイッチは節電なんぞのためにあるのではない
20世紀初頭の「工芸」
コンパクトで出力も公称通りです。
トロトロ化粧水
安心して寝られます!
素晴らしすぎるの一言しかない
重みがある
ひどすぎる商品です。
パケ買いしました!
何も問題はない
準4級合格のお勧め本!
無添加食品
元からついている部品もなくさないでね。
試験勉強に役立ちました。
戻る