がんばらなくてもいい社会は可能か
本の帯にもあるように、
がんばらなくてもいい社会を構築することが著者の夢らしい。
メインなタイトルは「脱芸術/脱資本主義論」となっていてなにやら難しくて恐ろしいが、
がんばらなくてもいい社会という表現のほうが、
この本全体の基調をよくあらわしている。
がんばるという表現は日本語特有のものかもしれない。
よく在日年数が長いドイツ人たちが冗談ぽくGanbatten Sie!などといっているが、
これも同じ表現がドイツ語にはないことを示している。
ついつい、
がんばってしまう君に、
そしてあなたに本書をすすめたい。
脱芸術/脱資本主義論―来るべき“幸福学”のために

その他の感想

値段以上の価値がある
アイアンナイト…未来へファイナルラン
貫通穴
"お仕事小説"としては一級品、ミステリとしては三流以下というアンバランスな作品
子供心
世界の音楽を体系的に知りたい方へ
安いです。早く到着しました。
☆1個以下です。なに?これ?樹脂の棒かと
2013年版で一番軽かったのはバスター(クラウド6.0)でした。
ゆうなちゃん
かわゆい!
車の感じを知るには良いかと
この蛍光灯型LEDは特殊。
書店で確認して購入しました。
勉強には不向きな一冊。
秀逸
武器が豊富で面白い
加工のしやすさに満足
試しに・・・
絢爛豪華な装飾図を収録
30分で「ふるさと納税」を理解できる
お宮参りで使用
マイナーチェンジ版を買う意味 477弾フルチェンジ版との相違点について
型が気に入りました。経済的なパンの味は普通
初心者でもとても興味深いです。
パソコンの環境によっては使えない
かすみ使いですが何か?
とりめしカレー味
凍結タイプのアイスノン
リピしてます。安く買えて嬉しい。
戻る