素晴らしい画文集。
 新條まゆさんが「東山魁夷が好き」と言っていたので、
読んでみました。
東山魁夷の画文集を読んだのは、
『四季めぐりあい 秋』に続いて2回目です。


 柔らかい色使いに静謐な雰囲気なのに、
背筋がピンと伸びたような精神性。
ルネサンス的な落ち着きも。
文章も同じ事が感じられます。
タイトルにも詩情を感じます。
川崎鈴彦さんの解説を読んで納得しました。
東山すみさんと川崎鈴彦さんの文章も、
東山魁夷への思い入れが伝わってきて素晴らしかったです。
東山魁夷 橙の風景

その他の感想

ものづくり頑張りますよ
毎号購入しています
使用後のケアは必須です。
軽くて、衛生的で傷がつきにくい
じんましん、あせもが酷いときでも大丈夫
文字盤は黒、タイムゾーンリングとベルトはカーキー色
UVライト
**チベット死者の書の決定版**
名刺屋殺し!
ペンライトフィルム用に
お友達に頼まれて。
破損し過ぎ…
マスタリングをし直してなさそう
ウ~ン、いまひとつ...かな?
物語の大きな転換点「ヤン・ジシュカの死」。
屑も少なくカラフルでいいですね。
さりげなくおしゃれ
「数学的」というより「論理的」思考のすすめ
地理と一緒に購入
片づけスペースがないので・・・
この情熱や気迫の根源は?
とてもイイ曲!!
駱駝
八代亜紀とジャズ 絶妙の組み合わせ
原点回帰?平常運転?
あるある!が満載
IN と OUT 逆だーー!
有吉反省会で一目惚れ
歳事に合わせて
デジャ・ヴ感満載、なのに新しい。相も変らぬ桑田節!
戻る