この途方もない寂しさは何だ。
他の方が散々書いているように、
この作品で村上ワールドが完成した、
と言ってもいいでしょう。

風の歌、
ピンボールで実験的に紡いできた非現実と現実の交錯させる独特の文学手法がこの作品で完遂した、
と言えます。


内容は読みやすく、
面白く、
適度にスリリングで適度にミステリーで適度にアイロニー。

背表紙の文句に在るように、
この小説のテーマは「好きだけど別れていく」ということになります。


それは時代のせいなのか、
年代のせいなのか、
それとも個の問題なのか。

それは読者それぞれの解釈の問題なので追求しませんが、
「好きでも離れて行かなくてはならない」
ここにこの作品の底しれない悲しさ、
寂しさがあるのだと思います。


個人的に大好きな作品です。
もう何度も読み返してます。

1Q84は個人的に合わない、
と言う人にも読んで欲しいですね。

ということで★5つです。
羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)

その他の感想

物干し竿の固定に使用
必要にして十分なパフォーマンス
父の思い出
某テーマパークで採用
中古品ですか?
音楽批評家のシューマン
総合的には、買い
エイス・ワンダーが入っていたので買いました
ほどほど
男女兼用です!!
iPhoneなんかの画面保護に
可愛い水上のアスリート
2作同時発売。全曲ダウンチューニング。
キンドルアプリにもジャンプ機能を実装してください
無事装着。
ソフトです。
ほんとに太くて安全
これは失敗
またお願いします
子ども用です。
ヒュンメルドライTシャツ&モンベルダウンベスト着心地
とてもいい出来です
記述問題の解答が秀逸です
筋金入りの戦コンの半生
これからの人へ
通常盤買わないでよかった!
祝!外伝も収録!
ずっと使っています。自分の基準にしているリードです。
長く握っていると滑りやすく疲れやすい気がします
ご用心
戻る