ギャグとパロディが散りばめらた肩の凝らない小説。
ラスベガスが舞台の物語。
絶望的な境地にいる3人がラスベガスで運命的?に出会い、
人生が二転三転してゆく。
ギャグとパロディが散りばめられている。
著者とラスベガスの組み合わせは、
ある意味ファンにとっては、
期待をせずにはいられないものがある。
楽屋落ちというか、
著者が狂言回しを努めて物語を進行させる形式にしてあるのも、
ラスベガスの物語にはどうしても自分を登場させたいという誘惑にかられたのではないかと考えた。
「きんぴか」「プリズンホテル」の系列に属するだろう。
しばしば登場する、
日本人、
アメリカ人、
中国人の文化比較論やギャンブル論など面白い。
深くは考えないで、
読み始めたほうがよさそうな本である。
肩の凝らない小説をお探しの方にお勧め。
オー・マイ・ガアッ! (集英社文庫)

その他の感想

こんなもんなのかな
各プレイヤーに1冊ずつ
ゴクゴク飲んでいます
妻の車用に購入
便利でかわいい♪
テレビドラマの限界か
独自の視点でかなり先を看破していると思う
毎日のリラクゼーションタイムに!
武士道の基本的教本です。
残念ながら、これからのアメリカ経済には、厳しい時代が続くことを予感させる。
分析レベルは評価
完全「一択」か?
外伝はまだまだ続くよう。次巻6巻は6月20日発売(涙目)
「裏」の経済がわかる!一読の価値あり!
おもちゃとしては優秀
経営で実践的な本に久々に出会った
雨の日が楽しみ
裏表紙には「教育を志す者や子育てする親のバイブル」とあります
耐久性悪すぎ
いい意味で癖のある辞書
押見修造先生、画業15周年おめでとうございます!
ゼブラライトのヘッドランプがぴったり!?
マグネットが弱い・・・
参考になれば幸いです。
昇降式便利
DMR-BZT810の外付けUSD HDDとして活躍
普通に腹筋するよりかなり鍛えられた感じがする
割と親切な内容
初心者はまず大空から
リアルタイムで1作目から見ていた人はかなり面白い
戻る