著者の最初の長編小説、不能のオクターヴの情熱恋愛
著者44歳、
1827年発表の小説です。

理工科学校を出たばかりの20歳のオクターヴ・マリヴェル、
燃える精神を
持ち、
背の高い、
貴族出で、
黒い眼で、
社交界一の美男子が現れる。

オクターヴは憂鬱症に悩み、
彼が好きな母親の心配を生みます。
彼は一人
を好み、
理工科学校の小さな部屋で他人から離れて、
孤独の人で生きてる
のを後悔します。
母親、
マリヴェル侯爵夫人は医者が説明できない憂鬱症
を祓うため、
ボニヴェ侯爵夫人のサロンに出入りします。
マリヴェル家は
革命で略奪された貴族を賠償するのを目指す賠償法の投票を知ります。

これはオクターヴを結婚できる立派な相手となります。
母親の忠告に従い、

マダム・ボニヴェに迎えられ、
従妹のアルマンス・ゾイロフと正面で座る。

彼女はロシアの貴族出の娘のようで、
正直で堅いマダム・ボニヴェに、

変な眼で、
ロシア美人として迎えられる。
彼女はサロンで一人で、
新たな
資産で彼女の周囲から言い寄られてるようには見えない。
オクターヴは恐怖
の奴隷です。
何の理由も分らず、
召使を攻撃したが、
他の別の機会でも、

軍人との喧嘩でも傷つきます。
楽しまない劇場の夕べの後、
マダム・ボニヴェ
の家でアルマンスを見つけ、
従妹の口から新たな財産を得ても、
二人の関係
に何の変化も与えないと聞き喜びます。
にも拘らず、
オクタヴは賠償法での
200万フランを得る約束でも、
アルマンスへの態度が急変しないのを証明
したく、
従妹に頭が近づく程接近させるが、
彼女はそれを望んでないのを悲し
くも、
確認する。
彼の思いに占領され始めてるアルマンスを、
愛してるとは
彼は少しも考えません。
丁度その頃、
彼は、
本能的に遠ざけたいような罪の
意識はないと、
ドイツの神秘主義に彼を改宗させたく思ってるマダムボニヴェ
に告白します。
また、
同時期に、
アルマンスが遠くから賛嘆するほど、
彼は
尊敬の念で一杯だと彼女に告白させるほどの輝かしい、
流行の人になってます。

アルマンスはオクターヴへの運命の愛に燃えてるという事実です。
"我々の哲学
Armance ou Quelques scènes d'un salon de Paris en 1827 (French Edition)

その他の感想

手放せない便利さ
他の同じ値段の用紙よりいい紙&厚さが0.003厚い
はじめの一歩が無いです
明るく自然で長寿命
ケンさん最高
良品!
初めて使用だけどおすすめ!
面白いほどぽろぽろ落ちます
効いているかな?という感じです。
買うのはいそがずとも
Feiyu G4ソニーアクションカム用3軸、底に1/4のネジが無いためにミニ三脚などで自立が出来ので自作しました。
海などのレジャーに
入門書としてふさわしい良書
背負ってからの〜?
以前の商品より破れやすい
気に入ってる!
六番目の城はあのバルディオクの城!
1分強くらい回ります
塗装用具がピカピカに
軽く5mmぐらいでちくちくするのがコツって聞いた。
おにいちゃんのはなび
よかですバイ2
一番良いです
あれ!!
初心者の文法書
映画の補完に!
安定のクロックス
メニューの種類は一般的
全然違うものが届いた
血糖値が高い人用のサイダー!
戻る