世界は報徳思想に支配されているその50
予備知識です
ttp://www.amazon.co.jp/review/RTPY4AMM8YSWT/ref=cm_cr_rdp_perm
ttp://www.amazon.co.jp/review/R1R8SNYXBE90FM/ref=cm_cr_rdp_perm
ttp://www.amazon.co.jp/review/R96GJAF3KFS6H/ref=cm_cr_rdp_perm
ttp://www.amazon.co.jp/review/R37ST9FPGVU2IN/ref=cm_cr_rdp_perm

報徳思想主義者と付き合うにおいても反報徳思想主義者と付き合うにおいても「莫大な検証作業と莫大な肉体労働」が要求される
ドラえもんとはそれを肩代わりしてくれる存在である
つまり「報徳思想に支配された世界に対抗できる存在」こそドラえもんだという事を意味している!
出版社が作家たちに求めているのも「ドラえもん開発方法」だと言う事を意味している!
引きこもりがひきこもり続けているのも「莫大な検証作業と莫大な肉体労働」に対応できないのが原因である
しかし「通常の受け手」も「施設長」も「引きこもりの家族」も「紙芝居関係者」も「ドラえもんが欲しい」と訴え出てこない
これを行うと困る事が「通常の受け手」と「施設長」も「引きこもりの家族」と「紙芝居関係者」の中にはある事を意味している
「ドラえもんを求める」とは「莫大な検証作業と莫大な肉体労働を肩代わりしてくれる存在を求める」を意味している
「肩代わりされると困ることがある」から「ドラえもんが欲しい」と訴え出て来ない事を意味している
「莫大な検証作業と莫大な肉体労働の肩代わり」とは「平等な関係」にしてくれる事を意味している
そして「利用者にとって本当にダメなもの」が何なのかの特定作業を行う事をも意味している、
つまり「個性の確立」を行う事をも意味している
つまり「平等な関係だけどお互いが仲良くなれる保証はない」を証明する存在こそドラえもんだという事を意味している
ドラえもん総集編2015年冬号 2015年 01月号 [雑誌]

その他の感想

ふつう
夢の世界を現実に
劇的ではないが確実に効果あり
入門には最適
PCXにて使用。
第10版も相変わらずの良書です
モスキート音で頭が痛くなる。
作曲力もたいしたものです!
とても使いやすかったです
良かったです\(^o^)/
使い勝手は向上
速やかな実写化を希望する。
意外に音質の良い第2集
具体的で分かりやすい仕事術
タウラとエカテリンへのプレゼント
詳細レポートをお届け!!
乾いてからの香りが最高です
ベルキンのキーボードケースと併用
心が軽くなります
もう一着
付録大満足!
買って2日で壊れました
着付けを誉められました
これからが楽しみ
沢水でお腹を壊した経験から
猫様、フランス料理です。
母へのプレゼント
新たな発見や出会いが有る、昔のプレイボーイの様な感じがします。
かわいいです
数日ならこれが一番かな
戻る